北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「美々舟着場跡」に説明板 タナカコンサルタントと郷文研

国道36号沿いの美沢川近くに設置された美々舟着場の案内板を解説する田中顧問=18日午前11時25分ごろ、苫小牧市美沢70

 苫小牧市新開町の測量会社タナカコンサルタントと苫小牧郷土文化研究会(郷文研)は18日、国道36号と道道千歳鵡川線が交差する同市美沢の市有地に史跡「美々舟着場跡」の説明板を設置し、市教育委員会に寄贈した。同日、除幕式があり、関係者約30人が出席。同社の田中稔顧問(79)は「古くから物流の要衝であり続けた場所が、苫小牧にあることを多くの人に知ってもらいたい」と述べた。

 江戸時代以前の蝦夷地と呼ばれていた道内には、太平洋と日本海を結ぶ内陸の交通路が存在。ユウフツ(現勇払)を起点に勇払川、ウトナイ湖、美々川、美沢川をさかのぼるルートで美々舟着場があった。

 陸路、シコツ(現千歳)に入り、再び舟で千歳川を経て石狩川に達し、日本海に抜けるルートは南から北に進む時、「ユウフツ越え」、北から南の場合は「シコツ越え」と呼ばれ、3泊4日ほどの行程だったとされる。

 美々舟着場跡は本来、説明板を立てた場所よりも約1・4キロ上流の新千歳空港の滑走路付近にあったが、史跡に最も近い市の河川敷地であることと国道沿いでアクセスしやすい点などから設置場所に選ばれた。

 タナカコンサルは郷文研の賛助会員。松浦武四郎生誕200年記念の昨年、設置を目指していたが三角測量勇払基線鵡川基点碑整備を優先し、今年に見送っていた。

 説明板はアルミ製で高さ2・1メートル、幅1・2メートル。来年の白老町での民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に合わせ、苫小牧を通過する旅行客らに観光スポットの一つとして足を運んでもらいたい考えだ。

 寄贈を受けた市教委の五十嵐充教育長は、「苫小牧の歴史に関心を深めるきっかけになれば」と期待を込めた。

 ユウフツ越えの史実を裏付ける資料としては1966年7月、苫小牧市沼ノ端の旧勇払川右岸から発掘され、市美術博物館に所蔵されている北海道指定文化財「アイヌの丸木舟及び推進具」がある。

 92年には幕末期の探検家松浦武四郎(1818年~88年)による記録を基に、道埋蔵文化財センターが新千歳空港で遺跡発掘調査を実施。丸木舟や船具などの木製品が出土し、交通路が古くから使われていたことが実証されている。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...