北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ぽい捨て禁止訴え、ユニーク看板活用 リサイクルプラザで全14種類を展示中

リサイクルプラザ苫小牧に展示しているぽい捨て禁止のユニークな啓発看板

 ごみのぽい捨て禁止を呼び掛ける苫小牧市のユニーク看板が14種類に増え、市内沼ノ端のリサイクルプラザ苫小牧で全シリーズが展示されている。2016年から始めた試みで、職員が知恵を絞ったデザインに関心を寄せる市民も。担当課は今後もアイデアを駆使し、印象に残る看板を製作する考えだ。

 看板は縦60センチ、横45センチ。「捨てないでください…」と土下座姿で懇願したり、「拾ってきてくれて、ありがとう」と感謝の言葉をひたすら並べたり―。さらには人気アニメやテレビゲームを連想させる図柄でパロディー風にまとめるなど、心をくすぐるようなデザインが面白い。

 市は1998年にぽい捨て防止条例(ぽい捨てによる空き缶等の散乱の防止に関する条例)を施行。2016年4月に条例を一部改正し、市民や行政などの責務を明確化した。同時に看板による啓蒙活動をユニーク路線に見直している。

 看板はごみ投棄が目立つ国道の中央分離帯などに300枚以上設置。赤信号で停止中のドライバーが目にしやすいよう工夫している。作品を展示中のリサイクルプラザ苫小牧では「施設見学の小学生から『見たことがある』と好評」と担当者は語る。

 市は20年度の全市活動のテーマを「053(ゼロごみ)大作戦」の第5弾目で検討中。「ぽい捨て撲滅には多くの協力が必要。まちの美化を考えてもらう工夫を今後も続けたい」と意欲を見せている。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...