北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

二十間道路にサクラ寄贈【新ひだか】

桜の成木に土かけ作業をする嶋田部長(右)と大野町長(左)

【新ひだか】全国各地のサクラの植樹活動を支援している飲料メーカーの伊藤園(本庄大介社長、本社・東京都渋谷区)は15日、静内田原のサクラの名所・二十間道路桜並木沿いにある花のトンネル内にエゾヤマザクラの成木1本を植樹し、町へ寄贈した。

 同社は、今年2月1日に発売から30周年の節目を迎えた「お~いお茶」の記念企画の一つとして、売り上げの一部を全国47都道府県のサクラの植樹活動に寄贈する「わたしの街に、未来の桜を植えよう」プロジェクトをスタートさせた。

 開始式で、伊藤園の嶋田登北海道地区営業部長は「新ひだか町に、末永く支援を継続していきたい」とあいさつ。目録を受け取った大野克之町長は「雪の降る中来ていただき、道内で二十間道路桜並木1カ所を選定、応援いただきありがとうごさいます」と感謝した。

 NPO法人北海道遺産協議会の神姿子副会長、伊藤園社員、観光協会、しずないさくらの会、役場まちづくり推進課職員ら関係者約30人の見守る中、嶋田営業部長と大野町長が事前に準備されたスコップを持ち「土かけ式」を完了。

 植樹したのは十勝管内清水町産のエゾヤマザクラの成木1本(1本あたり7万円程度)。選定したサクラ専門の樹木医・金田正弘さん(72)によると、約15年生で高さ6㍍。来年の春には花をつけるという。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...