北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ協会代表理事・山丸さんが講演、思いなど語る【白老】

旧アイヌ民族博物館勤務時代などを振り返る山丸さん(中央)

踊り見せることも大事

 白老アイヌ協会代表理事の山丸和幸さん(71)を話者に招いた「フチ・エカシのお話」(同実行委員会主催)が16日、白老町コミュニティセンター内の「かふぇピラサレ」で行われ、山丸さんは「アイヌとして生きる」思いなどを語った。

 約30人が耳を傾けた。「親に、お前はアイヌの血が入っているということは言われたことはありません。言う必要がなかったんだと思います」と山丸さん。「高校のとき、初めて自分の戸籍謄本を見て、自分がアイヌだと意識しました」と話した。ポロトコタンでの土産店、旧アイヌ民族博物館での仕事ぶりを説明、「マリモの唄」を歌った。

 象徴空間「ウポポイ」に関しては「来た人たちが満足して帰ってもらえるかどうかが一番大事だと思う。気掛かりなのは踊りも社台で一生懸命やっている。それはそれで大変素晴らしいことなんだけれど、なんせ内々だけでやってしまってないか。阿寒なんかに目の肥えた人方がいるわけですから、彼らにも見てもらったりすることが大事。建物も素晴らしいけど、踊っている人たちも素晴らしいなぁっていうのが一番大事になってくるのかな」「他の国の先住民族のあり方を見ることによって、今のアイヌはどうなんだろうと考えさせることができる。ぜひ民族交流をすべき」などと熱っぽく語った。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...