北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

そうきたか!そうべつフォトコンテスト、中山さんが最優秀賞【壮瞥】

最優秀賞に輝いた中山さんの「閉じ込めた春の日」

ウメと中島、風景逆さに

 壮瞥町主催の「そうきたか!そうべつ第3回フォトコンテスト」の受賞者が決まった。最優秀賞には壮瞥町在住の医療ソーシャルワーカー、中山夏生さん(36)の「閉じ込めた春の日」が選ばれた。水晶玉を使い、風景を逆さにしたアイデアの斬新さが評価を得た。

 コンテストは同町内で撮影した写真であることが条件。テーマは「『そうきたか!』と思える、とっておきのスポット」。7月から9月に募集。42人から127点が寄せられた。同町周辺だけではなく遠くは兵庫や熊本などからも応募があった。被写体としては、洞爺湖や壮瞥公園、昭和新山、果樹園での1枚が目立つという。

 町民をはじめ、そうべつ観光協会や町の職員21人で審査し、最優秀賞(1点)、協賛のビックカメラ賞(3点)、入選(8点)を選出した。 最優秀賞の中山さんの写真は、洞爺湖を望む壮瞥公園で今年5月に撮影した一枚。地元では「梅公園」と呼ばれており、公園内の満開のウメと洞爺湖の中島を水晶玉を通して逆さにした発想力の高さが評価された。中山さんは「待ちに待った春。逆さまになったウメと中島はやっぱり素敵だと思う」とコメントしている。

 町企画財政課企画広報係の藤川将司さんは「毎年応募してくれている人はもちろん、初めて応募してくれる人もいた。コンテストが壮瞥町に足を運ぶきっかけになればうれしい」と成果を強調していた。受賞作品は町のホームページで公開されている。

 最優秀賞以外の受賞者と作品名は次の通り。(敬称略)

 ▽ビックカメラ賞
 野呂圭一(洞爺湖町)「壮瞥町オーロラ!?」、田澤康史(奈井江町)「星まわる梅園」、大野みき(壮瞥町)「ぶどうの妖精」

 ▽入選
 吉村登美子(千歳市)「春満開」、小林泉(函館市)「落日に染まる」、大堀恵(苫小牧市)「『冬の観測』してみ隊」、熊谷良平(伊達市)「小さな可愛い小島」、伊部英敏(豊浦町)「虹の架け橋」、竹崎良子(札幌市)「梅の香と星の歌」、佐々木美穂子(豊浦町)「洞爺湖羊蹄山を背に眠るクマ」、近藤那月(苫小牧市)「ぼくとママはさくらんぼ」

関連記事

室蘭民報

室蘭フラップスジャズオーケストラが初の単独演奏会【室蘭】

 室蘭フラップスジャズオーケストラ(武石志津子代表)の初の単独コンサートが26日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、詰めかけた聴衆が思わずリズムを刻み始める熱い演奏を繰り広げた。  同オ...

室蘭民報

まちの魅力を伝える上映会、雄大な自然紹介【洞爺湖】

町民120人「感動した」  洞爺湖町がまちや洞爺湖有珠山ジオパークの魅力を伝えるため、撮影を進めていた映像の上映会が25日、町役場であった。「空中散歩・水中散歩」と題し、ドローン(無人航空機)によ...

室蘭民報

160人が早春の一服、淡交会が初茶会【室蘭】

 茶道裏千家淡交会室蘭支部(飯尾哲也支部長)主催の新春初茶会が26日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれ、参加した来賓や市民ら160人が心尽くしの茶で早春の一服を楽しんだ。  今年は寺嶋宗恵社中に...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...