北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

キッチンカーで成功の飯田さん 東京発豚丼 帯広出店【帯広】

 先代の願いをかなえ、豚丼の本場で店開き-。東京のオフィス街や千葉の野球スタジアムなどで豚丼専門のキッチンカー「BUTASAN HOKKAIDO」を営む飯田信夫さん(63)が22日、帯広市西5南40に同名の豚丼店をオープンさせる。東京で腕を磨いて約20年。満を持して豚丼発祥の地に乗り込む。

オープンを控え、店自慢の豚玉丼をPRする飯田さん

 キッチンカーは、東京で電気工事会社を営んでいた帯広市出身の先代、木暮武さんが副業として目を付け、1998年からたこ焼きなどを移動販売。当初から切り盛りを任された飯田さんはメインメニューを考案しようと翌年、北海道を訪問。帯広で食べた豚丼の味に魅せられ、1年間の試行錯誤の末、独自のたれを考案した。

 当初は移動販売が定着せず苦戦したが、2003年、雑誌に取り上げられたことをきっかけに一躍、人気店に。しかし、07年、波に乗ってきたタイミングで木暮さんが死去。「豚丼をやるなら帯広で」という先代の願いを実現させるため、飯田さんは3年前に帯広市内に個店用の物件を購入し、開店に向け、妻の祐子さんと今年移住した。

 念願の店は36席。メニューは東京で人気ナンバーワンだった豚玉丼(700円)をはじめとする全8品で、帯広限定のメニューもある。

 飯田さんは「野菜と相性が良い濃いめのたれが特徴。女性でも1人で気軽に来店できるお店を意識した」と話している。

 営業時間は午前11時~午後8時。月曜定休。問い合わせは同店(0155・66・6953)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...