北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

キッチンカーで成功の飯田さん 東京発豚丼 帯広出店【帯広】

 先代の願いをかなえ、豚丼の本場で店開き-。東京のオフィス街や千葉の野球スタジアムなどで豚丼専門のキッチンカー「BUTASAN HOKKAIDO」を営む飯田信夫さん(63)が22日、帯広市西5南40に同名の豚丼店をオープンさせる。東京で腕を磨いて約20年。満を持して豚丼発祥の地に乗り込む。

オープンを控え、店自慢の豚玉丼をPRする飯田さん

 キッチンカーは、東京で電気工事会社を営んでいた帯広市出身の先代、木暮武さんが副業として目を付け、1998年からたこ焼きなどを移動販売。当初から切り盛りを任された飯田さんはメインメニューを考案しようと翌年、北海道を訪問。帯広で食べた豚丼の味に魅せられ、1年間の試行錯誤の末、独自のたれを考案した。

 当初は移動販売が定着せず苦戦したが、2003年、雑誌に取り上げられたことをきっかけに一躍、人気店に。しかし、07年、波に乗ってきたタイミングで木暮さんが死去。「豚丼をやるなら帯広で」という先代の願いを実現させるため、飯田さんは3年前に帯広市内に個店用の物件を購入し、開店に向け、妻の祐子さんと今年移住した。

 念願の店は36席。メニューは東京で人気ナンバーワンだった豚玉丼(700円)をはじめとする全8品で、帯広限定のメニューもある。

 飯田さんは「野菜と相性が良い濃いめのたれが特徴。女性でも1人で気軽に来店できるお店を意識した」と話している。

 営業時間は午前11時~午後8時。月曜定休。問い合わせは同店(0155・66・6953)へ。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス