北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道しるべフェアで高校生がものづくりに熱い視線【室蘭】

キメラで精密金型部品加工の現場を見学する高校生

地元企業を見学、技術力「興味持った」

 高校生に製造業へ理解を深めてもらう「ものづくりの道しるべフェア」が20日、室蘭市内で開かれた。室蘭工業、室蘭東翔、登別青嶺3校の2年生13人が、技術力に定評があるキメラ(香川町)、永澤機械(東町)の2社を見学し室蘭高等技術専門学院(みゆき町)で職業訓練の様子を見て回った。

 製造業の人手不足が続く中、就職を控える高校生に地元企業のものづくりの魅力を知ってもらおうと、胆振総合振興局が主催した。

 キメラでは、総務課の大野知道さんの案内で精密金型部品加工の現場を見学。生徒たちは、さまざまな加工機を駆使して金型が成形されていく工程を興味深く見ていた。

 大野さんは「基本に忠実であること。基本がしっかりしていれば技術が早く身に付く。どんな仕事でも同じ」とアドバイス。採用については地元が多いこと、高卒者をはじめ未経験者が多いが教育システムにより3~5年で中堅として活躍できるようになることを説明。入社後の配属先は希望を聞いた上で決定していることや、異動も本人が承諾しなければ無理強いはしないといった、働きやすい環境であることを伝えた。

 室工の小林大地さん(17)は「資格の有無や経歴などでは判断しない、とても働きやすい職場だと思った。製品の大量生産を可能にする金型加工の技術にも興味を持ちました」と話していた。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...