北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震で自宅損壊の安平町男性 住宅ローンの大半免除-減免制度の特別調停成立

 胆振東部地震で自宅が損壊した安平町の70代男性が、ローン返済ができない大規模災害被災者を救済する「自然災害債務整理ガイドライン(被災ローン減免制度)」の適用を求めて申し立てた特別調停が20日、札幌地裁苫小牧簡易裁判所で成立した。男性が地震前に組んだ住宅ローンの大半が免除される。札幌弁護士会によると、胆振、日高管内での同制度に基づく調停成立は初という。

 1995年に建てられた木造2階建ての男性の自宅は、同地震で壁に亀裂が入るなどし、町から一部損壊の判定を受けた。修繕には約220万円が掛かることから、経済的な負担が増大。生活再建を進めるため、借入先の住宅金融支援機構に同制度の利用を申請した。

 調停内容は、住宅ローンの残高約590万円のうち約480万円の返済を免除し、自宅の資産価値分に当たる約110万円を5年間掛けて返済するもの。

 同制度は、被災前に住宅ローンや事業ローンなどを組んでいた被災者が破産手続きなど法的な手続きを取らずに、借入先の金融機関などとの話し合いで減額や免除を受けることができる仕組みで2016年4月にスタートした。

 災害救助法が適用された自然災害で被災した個人や個人事業主が対象。弁護士など登録支援専門家による手続きのサポートを無料で受けられる。

 通常の債務整理手続きとは異なり、手元に財産を残すことができるのが利点。今回の男性も約200万円の財産を残しつつ、制度適用が認められた。個人信用情報として登録されないため、新たな借り入れへの影響もないという。

 制度を知ってから1年越しでの調停成立に、男性は「本当にほっとした。これでようやく自宅を直し、前に進むことができる」と笑顔。「町内には生活再建のめどが立たず悩んでいる人も多いが、この制度に助けてもらうことで前へ進める人もいるのでは」と話した。

 札幌弁護士会によると、胆振東部地震での被災に伴う申請は31件。大多数が札幌市民からで厚真、安平、むかわの各町民からの申請は今回のケースを含めて3件だけ。

 今回の申請を担当した、苫小牧の大谷和広弁護士は「被災した住民の生活を支えることで被災地の復興をサポートする仕組み。被災前に組んだ住宅ローンに苦しんでいる人がいれば、ぜび制度の活用を検討してほしい」と呼び掛ける。

 制度に関する相談は、札幌弁護士会法律相談センター 電話011(251)7730。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...