北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧港活性化に、自由貿易地区の魅力学ぶ タンジュンペラパス港の運営会社を視察

マレーシアで2番目に大きい港の運営会社を表敬訪問し、運営概要などの説明を受ける協議会関係者=21日午後

 【マレーシア・ジョホールバル】海外ポートセールスで19日から東南アジアのマレーシアを訪れている苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)の一行は21日、同国で2番目に大きい国際貿易港のタンジュンペラパス港を運営するPTP社を訪れ、自由貿易地区を併設する同港の特色について学んだ。

 同社担当者によると、シンガポールとの国境に近い同港のコンテナ貨物取り扱い貨物量は開港した2000年が20フィートコンテナ換算で40万本だったのに対し、今年は910万本まで増え、昨年の取扱量は世界18位になった。アジア圏を中心にEUやインドなどとの航路を築き、近距離にある世界第2位のシンガポール港は「ライバルではなく協力的な関係」と強調した。

 港湾内の自由貿易地区には日本を含む複数の企業が進出。敷地内で製造した製品を海外へ輸出する代わりに、他国から輸入した原材料に関税をかけないルールを適用している。視察に参加した苫小牧埠頭の橋本哲実社長は「自由貿易地区がこの港の大きな特色。海外の港では時々見掛けるが、こうした取り組みが港の活性化につながる」と参考にしていた。

 一行は22日にシンガポール港の視察などを行った後、帰国する。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...