北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

シンガポールのIR視察 苫小牧リゾート推進協、誘致へ情報収集

IRのショッピングモールを視察する一行

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧統合型リゾート推進協議会は19日から23日までの日程で、シンガポールのIR現地視察を初めて行った。22日にはIR施設「マリーナベイ・サンズ」を初めて訪れ、参加した企業関係者ら約30人が巨大なリゾート施設見学を通じて苫小牧誘致に向けた情報を収集した。

 一行は滞在中、複数の関連施設を訪問。22日には海外ポートセールスでマレーシアなどに滞在していた岩倉博文苫小牧市長らも合流した。

 同IRは米国の運営会社ラスベガス・サンズが5600億円を投じ、2011年に開業。3棟のタワーホテル(計2560室)の屋上に広大なプールや展望台を設けているほか、ショッピングモールやレストラン、ミュージアム、国際会議場、カジノなどを併設している。

 一行は同社担当者の案内で施設内を視察。従業員数は約1万人で、仕入れ先の大半が地元企業であること、収益の7割がカジノ部門などの説明を受けた。施設内では会議やイベントが毎日行われ、ビジネス客や家族連れの観光客などでにぎわっているといい、新しいホテルの建設も計画しているという。

 視察の参加者からは「ショッピングや飲食だけでたっぷり遊べる」「施設が広くて桁違い。カジノがどこにあるか迷う」などの感想が出た。

 石森亮運営委員長は「自然や街並みと調和した施設で、空港からのアクセスも良い。苫小牧にIRの誘致が決まった場合、シンガポールに学ぶべき点は多く、参入事業者とIRを通じたまちづくりを共に考えたい」と話した。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...