北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

シンガポールのIR視察 苫小牧リゾート推進協、誘致へ情報収集

IRのショッピングモールを視察する一行

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧統合型リゾート推進協議会は19日から23日までの日程で、シンガポールのIR現地視察を初めて行った。22日にはIR施設「マリーナベイ・サンズ」を初めて訪れ、参加した企業関係者ら約30人が巨大なリゾート施設見学を通じて苫小牧誘致に向けた情報を収集した。

 一行は滞在中、複数の関連施設を訪問。22日には海外ポートセールスでマレーシアなどに滞在していた岩倉博文苫小牧市長らも合流した。

 同IRは米国の運営会社ラスベガス・サンズが5600億円を投じ、2011年に開業。3棟のタワーホテル(計2560室)の屋上に広大なプールや展望台を設けているほか、ショッピングモールやレストラン、ミュージアム、国際会議場、カジノなどを併設している。

 一行は同社担当者の案内で施設内を視察。従業員数は約1万人で、仕入れ先の大半が地元企業であること、収益の7割がカジノ部門などの説明を受けた。施設内では会議やイベントが毎日行われ、ビジネス客や家族連れの観光客などでにぎわっているといい、新しいホテルの建設も計画しているという。

 視察の参加者からは「ショッピングや飲食だけでたっぷり遊べる」「施設が広くて桁違い。カジノがどこにあるか迷う」などの感想が出た。

 石森亮運営委員長は「自然や街並みと調和した施設で、空港からのアクセスも良い。苫小牧にIRの誘致が決まった場合、シンガポールに学ぶべき点は多く、参入事業者とIRを通じたまちづくりを共に考えたい」と話した。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...