北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地方創生に全身全霊を、議会定例会で戸田町長が所信表明【白老】

 白老町議会定例会が25日開かれ、3期目当選を果たした戸田安彦町長は「ウポポイを核とした観光の強化や関係人口の創出により相乗効果を生み出し、さらなる地方創生を進め、町民皆さまが幸せを実感できるふるさと白老となるよう全身全霊を懸けてまいります」と所信を表明した。

 公約に「共生共創」を掲げた同町長は「多文化共生の理念の下、共に生き、共に幸せを創るまちづくりを進め、共に幸せを実感できるまちを実現したい」と決意を披露した。

 本会議ではこのほか、一般会計補正予算など8議案を可決した。補正予算関係では、アイヌ政策推進交付金を活用して象徴空間「ウポポイ」開業に伴う外国人を含めた観光客受け入れ対応として町立病院に医療検査機器を購入するほか、案内図・案内表示の多言語化、キャッシュレス化を進める。

 ウポポイと連動する白老駅北観光商業ゾーンの指定管理者に白老観光協会(福田茂穂会長)を指定した。

岡村副町長後任に武田氏

竹田敏雄氏

 体調不良で任期途中で退任する岡村幸男・白老町副町長(62)の後任に、同町生活環境課長、建設課長を歴任、現在象徴空間周辺整備グループ嘱託職員の竹田敏雄氏(63)を充てる人事議案を25日の町議会定例会で承認した。古俣博之副町長(67)は再任した。

 企画・経済・アイヌ政策など事業部門を担当する竹田氏は「岡村副町長のようにできないことがあるかもしれませんが、議員の皆さま、そして職員の方々の協力、力を借りながら、最大限の努力をし、全力で職務に取り組みます」と述べた。総務管理部門を担当する古俣氏は「本当にいいまちにしていきたいという信念を貫き通しながら、町長をしっかり支え、町民の皆さま方の幸せづくりのために、一生懸命奮励、努力する覚悟です」と述べた。

 退任する岡村氏は「職員時代を含め42年8カ月間、本当にお世話になり、ありがとうございました」と述べた。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...