北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧絵鞆小問題で青山市長、CF成功に軽視できず【室蘭】

「クラウドファンディング成功は軽視できない」と語る青山市長

 室蘭市の青山剛市長は25日、市役所で定例会見を開き、旧絵鞆小の存続を目指す市民団体がクラウドファンディング(CF)などで一定資金を調達したことについて「市として軽視できない」と語った。スコットランドのアバディーン市と、水素を核にした産業振興を内容とし、覚書の調印について合意したことを明らかにした。

 市民団体の動きを受け、旧絵鞆小の体育館棟解体費の執行を留保している問題について「団体はCFなどで1700万円の資金を確保しており、施設の維持補修も行う考え。売却公募が不調になった時とは状況が違い、こういった動きは市としても軽視できない。慎重に対応を検討したい」とした。

 また、今後も議決後に議決と違う方向で市に再考を求める同様事案が発生した場合の対応については「可能性はある。難問だが、どう取り扱うかを考えていかなければならない」と述べるにとどまった。 

 市はJXTGエネルギー製造停止後の後継事業として、海外から再生可能エネルギー由来の水素を輸入し、エネルギーとして活用するサプライチェーン構築の可能性を探っているが、市長は今月、欧州視察を実施した。

 市長は成果を強調し「市内企業や室工大で水素の研究が進む。覚書については、両市で情報を共有し、国際的な二酸化炭素削減へしっかりとネットワークを図っていこうという内容を想定している」と語った。

 祝津ふ頭の大型港湾荷役施設アンローダーを撤去した後、石炭を荷揚げするバースは崎守ふ頭に見直す方針を示した。ただ、現在ストックしている企業の大量の石炭については、そのまま祝津に置く見通しという。

 課題となっているだんパラスキー場の振興に向け、民活により公園の魅力を高めて、行政の維持管理費低減を図るパークPFIの導入可能性も「検討する」とした。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス