北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

日鉄室蘭が5G導入へ、生産効率を向上【室蘭】

来年度実証実験

 日本製鉄室蘭製鉄所(米澤公敏所長)は2020年度(令和2年度)、構内に第5世代移動通信システム(5G)の無線網を整備し、製造設備の保守・管理や操業データを収集、分析する実証実験を開始する。5Gの超高速大容量通信を生かし、操業データをリアルタイムに取得、生産効率や操業の安定性を高める。

 日本製鉄のグループ会社の日鉄ソリューションズ(東京)が26日、日本製鉄と導入について合意したと発表。本格的な運用開始に向け、室蘭で20年度中に実証実験を開始する。

 5Gの通信速度は、現在の通信網として主流の第4世代・4Gの約100倍。4Gで時間を要していた大量のデータも瞬時に送信できるほか、さまざまな機器との同時接続も可能だ。

 製鉄所などの工場では、生産現場でさまざまなデータが発生する。5Gによりデータを効率よく収集、分析することで生産体制の最適化や設備トラブルの予期も可能になる。情報が遅延なくリアルタイムで取得でき、モニター監視や遠隔操作の精度も向上する。

 室蘭製鉄所で実証実験を予定している自営通信網は「ローカル5G」と呼ばれ、構内のみで完結する通信ネットワーク。通信安定性が高く、公共のオープンなネットワークと隔絶されるため、データの漏えいなどのリスクも軽減されるという。

 室蘭製鉄所では20年度に心臓部である高炉の改修を計画するなど、設備の更新を進めている。5Gの導入でさらに操業の安定性を高め、競争力を強化する方針だ。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...