北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港湾計画の見直し本格化、物流や環境など5本柱で検討【室蘭】

委員長に須野原氏(右から3人目)が就任し、長期構想の策定がスタートした策定検討委の初会合

長期構想策定、検討委初会合

 室蘭港長期構想策定検討委員会の第1回委員・幹事合同委員会が26日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれた。前回の改定から25年ぶりとなる同港港湾計画の見直しの本格的な審議入りで、まずは基礎となる今後20~30年の方向性を5本柱で描いていく。

 検討委は学識経験者や港湾関係者ら委員30人とオブザーバーで構成。今回を含め3回の会合を経て来夏に長期計画を策定。これを基礎に2020年度(令和2年度)末の港湾計画の全面改定を目指す。

 初会合には約40人が出席。青山剛市長は「中長期を見据え、室蘭港の潜在力を発展させながら世界に貢献し、地域を活性化する港を目指す」とあいさつ。室蘭港の現状や取り巻く情勢変化の把握、課題整理などを行った。

 検討委の委員長に日本港湾協会の須野原豊理事長が就き、長期構想は(1)物流・産業(2)人流・にぎわい(3)エネルギー(4)環境(5)安全・安心―の5本柱で検討する。

 出席者からは「物流機能を高める港の空間整理が必要」(千葉博正札幌大名誉教授)、「新幹線高速化がはっきりしてくれば、崎守埠頭の引き込み線、新航路の議論になる」(北海道トラック協会)、「港を人が集まる空間に」(立野了子氏)、「スーパーヨットの受け入れができないか」「災害時の室蘭港の役割を詰める必要がある」(北海道開発局)など、多方面から可能性の声が上がっていた。

 今回の港湾計画の改定の背景には、最大5航路あったフェリー航路の相次ぐ撤退、JXTGエネルギーの事業所化、港湾施設の老朽化など港を取り巻く環境変化がある。特殊鋼に特化した日本製鉄室蘭製鉄所が鋼片供給基地となり、宮蘭フェリー就航、国直轄の祝津埠頭整備による大型船対応など新たな動きを見据え、次世代の計画策定に踏み出した。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...