北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

避難所生活の知恵を習得、洞爺湖温泉小で一日防災学校【洞爺湖】

ペットボトルを利用した即席ランタンの明かりを頼りに段ボールベッドを作る児童

段ボールベッド、非常食作り体験

 洞爺湖町洞爺湖温泉小学校(冨樫生志校長、36人)の一日防災学校が26日、同校で開かれ、全校児童が避難所などで活用する段ボールベッドや非常食作りなどを通して災害への危機意識を高めていた。

 北海道の事業の一環として、道教委や各自治体、市町村教委、学校などと連携して全道で実施。同小では洞爺湖町企画防災課の職員などが講師となり、2000年(平成12年)の有珠山噴火での避難所の様子の講話をはじめ、1、2年生の防災カルタや新聞紙のスリッパ作り、3~6年生のクロスロードや非常食作りなどをがあった。

 全校児童対象の段ボールベッド作りの体験では、体育館の照明を落として暗くし、懐中電灯の上に水の入ったペットボトルを乗せた“即席ランタン”の明かりを頼りに作業を進めた。児童たちは協力してベッド作りを行い、無事完成すると寝心地を確かめていた。

 奈須川雅希君(6年)は「避難所に行くと食事や寝る場所の確保など、いろいろ大変だと思った。段ボールベッドは10分くらいでできて、暖かくて床よりも寝心地が良かった。有珠山も近くにあるので、常に危機感を持っていたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...