北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫高専の池田さん、岡さん、研究プレゼンで表彰 シミュレーション国際会議に参加

国際会議JSSTでの受賞を喜ぶ(右から)池田さん、岡さん

 苫小牧工業高等専門学校専攻科の学生2人が、シミュレーション研究に関する国際会議(5~7日、宮崎県)のポスターセッションで優秀な発表をした学生に贈られる「スチューデント・ポスター・プレゼンテーションアワード」を受賞した。A0判ポスターに研究成果をまとめ、英語で研究者らにプレゼンテーションした2人は「大きな自信になった」と笑顔だ。

 2人は専攻科電子・生産システム工学専攻2年の池田一樹さん(22)、岡翔平さん(21)。日本シミュレーション学会主催の国際会議(JSST2019)で会場を訪れた研究者ら約100人を前に約1時間、ポスターセッションを実施した。

 全国各地の学生・大学院生34人が発表する中、2人を含む13人が「スチューデント・ポスター・プレゼンテーションアワード」を受けた。

 2人はいずれもパソコンでシミュレーションした研究の概要などを英文のポスターにまとめた。

 池田さんの研究はイオンの移動度を測定し、ガス分析装置の開発に役立てる内容。酸素ガス内でイオンが移動する「ドリフト」と呼ばれる状況下で、イオンの反応を計算式などに基づいてはじき出し、実際の実験結果と比較してグラフなどで示した。

 岡さんは、電動車いすの先導ロボット開発がテーマ。利用者が目的地まで安全にたどり着けるよう、「仮想ポテンシャル法」という考え方に基づき、ロボットが目的地に向かう力、障害物などを避ける力をシミュレーションソフトで検証した。交差点に差し掛かるたびに減速、停止する動作を確認するなどし、問題を一つずつ解決する過程もまとめた。

 2年連続で同賞を獲得した池田さんは「ポスターをパッと見てもらうだけでは分からないと思ったので、会場にいる人に積極的に声掛けし、説明した」と回顧。来春の就職が内定しており、「受賞で自信がついた。プレゼン能力は就職してからも役立つ」と力を込めた。

 初参加の岡さんは「緊張せずに落ち着いてプレゼンし、新しいロボットの必要性などを多くの人に伝えることができた」と笑顔。学びを深めるべく進学予定で「経験を糧にしたい」と語った。

関連記事

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...

室蘭民報

市内飲食店に配布開始 安心宣言ステッカー【室蘭】

コロナ予防策を促進  室蘭商工会議所と市内3飲食店組合は、新北海道スタイルに取り組む約150の飲食店に「安心宣言ステッカー」を配布した。各店では早速、入り口付近など目立つ場所に掲示している。引き...

室蘭民報

元気なチョウザメ水揚げ 室蘭水族館で展示【豊浦】

 豊浦の沖合で4日、体長約2メートルのチョウザメが網にかかり、豊浦漁港で水揚げされた。傷はほとんどなく元気な状態。チョウザメが捕れるのは珍しいといい、市立室蘭水族館(室蘭市祝津町、東忠明館長)に...