北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

勇払原野に希少7種 ウトナイ湖サンクチュアリ野鳥調査

7年連続で確認されたタンチョウ=日本野鳥の会提供

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは27日、苫小牧東部地域で今年度実施した野鳥の調査で、環境省レッドリスト(日本で絶滅の恐れがある野生生物)に登録された鳥類7種類を確認したと発表した。シマクイナ、アカモズ、タンチョウなどで、同センターは「全国的に見ても希少な鳥類が生息する豊かな自然環境が改めて明らかになった」としている。

 同センターは、2000年度に同地域での野鳥調査をスタート。今年度は繁殖期の4月から8月にかけて集中的に実施した。希少鳥類に悪影響が及ばないよう例年この時期に結果を公表しており、詳しい確認位置などは明らかにしていない。

 今回の調査では近い将来、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」のシマクイナ(クイナ科)、アカモズ(モズ科)、チュウヒ(タカ科)、絶滅の危険が高まっている「絶滅危惧Ⅱ類」のタンチョウ(ツル科)、オジロワシ(タカ科)、絶滅危惧種に移行する可能性がある「準絶滅危惧」のマキノセンニュウ(センニュウ科)、オオジシギ(シギ科)の生息が明らかになった。

 シマクイナは今回、少なくとも6羽(前年比1羽増)見つかった。アカモズは2つがい確認されたものの、ごく狭いエリアを営巣地として毎年利用しており、生息環境の変化による営巣地の消失が懸念されている。

 タンチョウは、7年連続で確認。近年、勇払原野全域で観察されるようになっている。オオジシギは、5月に市民の協力を得た個体数調査で63羽を確認。01年の108羽、17年の77羽に比べて減っているが原因は不明という。

 釧路湿原、サロベツ原野と並ぶ道内三大原野の一つで、水鳥や草原性鳥類の生息地として知られている勇払原野。生息調査で確認された希少種は15年度~17年度も7種類で、18年度はサンカノゴイを含む8種類だった。

 同センターの瀧本宏昭レンジャー(32)は「調査結果を基に保全活動に取り組み、日本野鳥の会が推進する弁天沼周辺の勇払原野のラムサール条約湿地登録を目指したい」と語った。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...