北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

廃棄物処理施設を考えるセミナーでパネル討論【室蘭】

ごみ問題をテーマに意見交換したセミナーのパネル討論

 西いぶり広域連合構成市町のうち、2市3町の家庭・事業ごみを受け入れている廃棄物広域処理施設のこれからを考えるセミナーが27日、室蘭市東町の胆振地方男女平等参画センターミンクールであり、構成市町の関係者と住民ら約50人が意見を交わした。

 構成市町のごみの分別、収集などの現状と課題について2市の担当者が、広域連合による廃棄物処理の経緯について室蘭工業大学大学院の吉田英樹准教授がそれぞれ発表し、住民の代表らが廃棄物処理政策に望むことを語った。引き続き吉田准教授を進行役に発表者ら6人がパネル討論した。

 ごみの減量については「従来型のリサイクル頼みの手法は経費がかさみ成立しなくなってきている。収集回数を減らすなど住民サービスを見直す時期にきている」と指摘があった。また「必要なものだけを買うなど、住民一人一人の意識を変えるだけでごみの量は変わってくる」との発言があった。

 呼び掛け人の環境カウンセラー・中村恵子さん=伊達市=は新施設の稼働を見据え「可燃・不燃ごみへの電池排出禁止の徹底や、スプレー缶の正しい排出方法を自治体間で統一させる必要がある」などと具体に提言した。このほか「理想を追わず現実的に取り組むのが減量への近道」「新施設の整備が決まり住民の関心が高まっているこのタイミングを大いに生かすべき」などの意見が出ていた。

 セミナーは2024年度(令和6年度)の供用開始を目指す新たな廃棄物広域処理施設の稼働を前に、施設の効果的・効率的な運営などを確認するのが狙い。室蘭市内で処理が進むPCB(ポリ塩化ビフェニール)廃棄物処理の環境リスクに関する室蘭市の委託業務の一環で、受託先の室蘭工大と同市が共催した。

関連記事

室蘭民報

元市議会議長の桜井孝輝氏が死去【室蘭】

 元室蘭市議会議長の桜井孝輝(さくらい・こうき)氏が18日午後11時、室蘭市内の病院で死去した。91歳。岩手県一関市出身。自宅は室蘭市東町2・14・3。通夜は21日午後6時、葬儀・告別式は22日...

室蘭民報

景況感、全国自治体調査…市「変わらない」【室蘭】

 景況感について「変わらない」と回答した室蘭市。企画課は、マイナス要因に地域の基幹産業の衰退を挙げ「地元企業の撤退による社員の市外転出」に加え、JXTGエネルギー室蘭の製造機能停止に伴う保安灯の消...

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...