北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

剣道場・竹友会が半世紀、さらなる飛躍誓う【壮瞥】

創立50周年を迎えた壮瞥竹友会

 壮瞥町の剣道場・壮瞥竹友会(小田由三会長)が今年、創立50年を迎えた。青少年の健全育成を目指し、日々稽古に打ち込み全道、全国大会で活躍する会員たち。2度の有珠山噴火をはじめ、少子化の苦難を乗り越え迎えた節目。関係者は喜び、さらなる飛躍を誓う。

 竹友会は、地元有志の熱意の下、1969年(昭和44年)6月13日に産声を上げた。78年には指導者体制が充実し、勢いを付けた。80年には、小学生団体が初の全道優勝。同じ町内の久保内剣友会、隣まちの伊達と切磋琢磨(せっさたくま)しながら、これまでに小中学生の団体、個人で計30回全道大会の決勝まで上り詰め、14回の頂点を手にした。

 剣道修業者は約350人に上る。ピーク時は小学1年~中学3年で70人超。子どもたちにメンやコテを打たせる元立ちが足りず、初心者の父母が防具を着け、打ち込みの相手になったこともあったという。子どもと一緒に始めた「ママさん剣士」の中には、3段を取得した人もいた。

 2000年有珠山噴火を境に、地域の実情や少子化、IT化、スポーツ離れなどの社会情勢が押し寄せ、団員数の減少は著しかった。チームが組めない時期もあったが、「竹友会の灯を消してはならぬ」と思いをつなぎ続けた。

 今は多くのOBが指導者として戻り、後輩の指導に当たる。現在は、小学4年~中学3年の計16人が稽古に汗を流す。昨年は全道大会を勝ち上がり、19年ぶりの全国大会出場を決めるなど「剣のまち壮瞥」復活を示した。

 30年余の指導に携わる主任指導者の谷岡康徳さん(68)=剣道教士7段=は先人に深く敬意と感謝を込め「これからも剣道を通じて、子どもたちの心と体を育てていきたい」と思いを語った。

 創立半世紀を記念して、30日に剣道の最高峰・全日本選手権大会に出場したOBを招いて記念の稽古会と祝賀会を開催する。

関連記事

函館新聞

箱館醸蔵、酒米収穫スタート【七飯】

 【七飯】七飯町大中山1で新たな酒蔵を建設中の箱館醸蔵(冨原節子社長)は20日、町中野の栽培圃場(ほじょう)で酒米の収穫を始めた。酒造好適米「彗星(すいせい)」を刈り取り、新しい酒造りへの意欲を...

函館新聞

函館市高齢化率上昇続く 旧4町村は約50%に【函館】

 少子高齢化が進む函館市では、65歳以上の老年人口の割合が年々高まっている。市の住民基本台帳(8月末現在)によると、65歳以上の人口は9万164人で、高齢化率は前年同期比0・5ポイント増の35・...

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...