北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

阿波銘木で臼、きねづくりがピークを迎える【登別】

正月の餅つき用の臼の仕上げ作業が進められている工場

 歳末を前に、登別市鷲別町の木材製品製造会社「阿波銘木」(大住美春社長)で、餅つき用の臼ときねづくりがピークを迎えている。職人が出荷に向けた最終仕上げに取り組んでいる。

 道内で唯一餅つき用の臼を生産している。先代の故・大住盛智氏が20年ほど前に生産を始めた。硬く割れにくい道産のメジロカバやイタヤカヤデ、サクラが材料。工場では11月ごろから1年間寝かせた木の削り出し作業が始まった。乾燥工程を経てタモの木のエキスを活用した「割れ防止剤」を塗布し出荷する。

 近年は正月用だけでなく、町内会の厄払いや学校行事などさまざまな用途で使われる餅臼。インターネットから情報を得た団体からの注文もあり、道外発送も行うほか、長年使い傷んだり破損した臼の修復依頼も増えているという。

 今年は大小合わせ約80個用意している。臼は最小1升用(もち米10合分、高さ25~30センチ)~最大5升用(同50合分、50~53センチ)の8種類で価格は2万6250円~21万円。きね5種類(7千~1万8900円)も販売している(以上価格は全て税込み)。

 大住社長は「餅つきは厄払いや縁起を担ぐことで行われている。臼ときねを使ってもらい、年代問わず楽しんでもらいたい」と期待した。

 地域行事での需要に合わせ、餅臼ときねのレンタルも行っている。問い合わせは電話0143・86局3131番へ。

関連記事

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...

室蘭民報

市内飲食店に配布開始 安心宣言ステッカー【室蘭】

コロナ予防策を促進  室蘭商工会議所と市内3飲食店組合は、新北海道スタイルに取り組む約150の飲食店に「安心宣言ステッカー」を配布した。各店では早速、入り口付近など目立つ場所に掲示している。引き...

室蘭民報

元気なチョウザメ水揚げ 室蘭水族館で展示【豊浦】

 豊浦の沖合で4日、体長約2メートルのチョウザメが網にかかり、豊浦漁港で水揚げされた。傷はほとんどなく元気な状態。チョウザメが捕れるのは珍しいといい、市立室蘭水族館(室蘭市祝津町、東忠明館長)に...