北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

阿波銘木で臼、きねづくりがピークを迎える【登別】

正月の餅つき用の臼の仕上げ作業が進められている工場

 歳末を前に、登別市鷲別町の木材製品製造会社「阿波銘木」(大住美春社長)で、餅つき用の臼ときねづくりがピークを迎えている。職人が出荷に向けた最終仕上げに取り組んでいる。

 道内で唯一餅つき用の臼を生産している。先代の故・大住盛智氏が20年ほど前に生産を始めた。硬く割れにくい道産のメジロカバやイタヤカヤデ、サクラが材料。工場では11月ごろから1年間寝かせた木の削り出し作業が始まった。乾燥工程を経てタモの木のエキスを活用した「割れ防止剤」を塗布し出荷する。

 近年は正月用だけでなく、町内会の厄払いや学校行事などさまざまな用途で使われる餅臼。インターネットから情報を得た団体からの注文もあり、道外発送も行うほか、長年使い傷んだり破損した臼の修復依頼も増えているという。

 今年は大小合わせ約80個用意している。臼は最小1升用(もち米10合分、高さ25~30センチ)~最大5升用(同50合分、50~53センチ)の8種類で価格は2万6250円~21万円。きね5種類(7千~1万8900円)も販売している(以上価格は全て税込み)。

 大住社長は「餅つきは厄払いや縁起を担ぐことで行われている。臼ときねを使ってもらい、年代問わず楽しんでもらいたい」と期待した。

 地域行事での需要に合わせ、餅臼ときねのレンタルも行っている。問い合わせは電話0143・86局3131番へ。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス