北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

子ども子育て会議、児童虐待防止を位置付け【室蘭】

支援事業計画素案示す

 第15回室蘭市子ども子育て会議(澤田乃基会長)が28日夜、市役所で開かれ、策定中の第2期子ども子育て支援事業計画(2020~24年度)の素案が示された。児童虐待防止の支援策を新たに盛り込んだ。今後5年間で見込まれる幼稚園や保育所の利用見通しが示され、現状施設で対応可能とした。

 目標に「就学前の教育・保育の充実」「子どもが健やかに育つ環境作り」「地域の子育て支援の充実」「ワークライフバランスの推進」「社会の構成員が果たす役割」の五つを掲げ、61項目の施策を並べた。

 施策の新しい取り組みとして、児童虐待防止の支援策を位置付けたのが特徴。第1期計画にも児童虐待防止に向けた関係機関との連携を掲げていたが、社会問題化を踏まえ、児童虐待防止策として家庭児童相談員の配置を位置付けた。

 このほか第1期計画での実施項目にもあった、認定こども園の設置、幼保小連携事業、新生児の全家庭を訪問し育児相談などを行う事業の実施、医療費負担の軽減、男性の育児参加の促進-などを継続とした。

 計画期間の幼稚園と保育所の利用者は減少していく見通しも示した。1号認定(3歳以上の幼稚園児)は20年度865人が24年度721人、2号認定(3歳以上の保育園児)は20年度519人が24年度432人に減る。一方で0~2歳児を対象とした3号認定は400人程度で横ばいに推移すると試算している。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...