北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

八丁平小品盆栽趣味の会、丹精した「和の芸術」紹介【室蘭】

メンバーが丹精した作品が多数収録された作品集とカレンダー

作品集とカレンダー完成

 室蘭・八丁平小品盆栽趣味の会(土門修世話人代表、33人)の秋の作品集(A4判15ページ)と、2020年のカレンダー(A3判)が今年も作製された。会員が丹精して育てた鉢の数々が色とりどりに紹介されている。 作品集は21号目。9月に開かれた第13回小品盆栽展の出品作を中心に116点を掲載。実が鈴なりのヒメリンゴ、ミヤマカイドウ、個性的なクロマツなど多彩だ。

 カレンダーの製作は4年目。会員全員の作品のうち「春夏の作品集」「秋の作品集」から一点ずつ掲載した。和の雰囲気を大切に作品名を漢字表記に統一。共に土門世話人代表が一点ずつ作品を撮影するなどして、パソコンで仕上げた。

 同会は来年10年の節目を迎える。「作品の写真を撮ってきた中で、作り込んだ盆栽がどう育ったかを見ることができる。歴史も大切」と話し、節目の年の活動を練っている。総務担当の藤島康生さんは「入会し4年ほどですが、育てている盆栽の格好がついてきた。代表に教わりながら楽しんでいます」と笑顔で作品集とカレンダーをPRした。

 いずれも会員向けに配布した。作品集は来年1月下旬まで、八丁平中央町会会館の大ホールに飾る。問い合わせは同会総務部長の工藤勝芳さん、電話0143・45局6342番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...