北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市植苗地区リゾート計画長期化 森氏 自然との共生重視-MAプラットフォーム

インタビュー取材に答える森章氏=28日午後、東京都内

 不動産開発大手の森トラスト(東京)の森章会長は28日、オーナーを務める投資会社MAプラットフォーム(東京)が苫小牧市植苗地区で進めているリゾートホテルの建設計画について、道がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を見送る場合、計画期間を延長する考えを示した。東京都内で苫小牧民報のインタビューに答えた。

 森氏は市内植苗のリゾート開発計画について、自然との共生を重視していることを強調。「(市民などの)拒絶反応が強い場所となれば、民意に合わせてもっとじっくりとやる必要がある」とした。道がIR誘致を見送りした場合、現在10年で設定している計画期間を約20年に延ばして進める方針。鈴木直道知事は29日午前の道議会で今回のIR区域認定の申請について見送りを表明しており、同社のリゾート計画は事実上、実施期間が延びることになる。

 同社は2016年までに新千歳空港に近い市内植苗に広がる民有地約1000ヘクタールを取得。今年10月に同地区で外国人富裕層などを想定した高級リゾート計画を公表していた。

 計画では、4期に分けた工事を約10年で行うスケジュールを設定し、開発面積も自然保全の観点から敷地全体の4%の約40ヘクタールに限定。ホテルやサービス付きコンドミニアム(分譲別荘)などの滞在施設、森林を生かした散策路やホーストレッキングコース、スノーアクティビティ、診療所、温泉施設、森林セラピー施設を整備し、収益の一部を森林整備などに還元する方針としている。

 このうち第1期は6・6ヘクタールのエリアに概算で約400億円をかけ、健康施設付き高級ホテル1棟とコンドミニアム2~3棟(客室320~340室規模)を整備。高級スパ・リゾートを展開するシンガポールの「ジャヤソム」とも連携し、設計作業を経て21年着工、23~24年の開業を見据えていた。

 森氏は、IR誘致の話題が出る前から自社で高級リゾート計画を検討していたと説明。北海道のIR誘致の動きについて、自然保護などを理由に反対された場合、慎重に対応する考えを示し、「われわれも自然を守るためにやっている。(地元に)理解をしてもらうためにも(今回のリゾート計画は)20年はかかることになる」とした。1期目の計画は生かしつつ、今後の展開を見極めていく考え。

 これからの展望の中では「(自社のリゾート施設以外で)いろんな(施設の)集積があった方が付加価値が高まる」とし、新たな企業参入も期待する考えを示した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...