北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

蘭輝会3人が一期展入賞、顧問の森田さん「5冠」【室蘭】

(左から)東美賞の山石さん、奨励賞の後藤さん、東京都知事賞の森田さん、東美賞の吉田さん(提供写真)

 室蘭市絵鞆町の画家、森田哲隆さんと森田さんが顧問を務める絵画塾「蘭輝会」(舟渡朗会長)のメンバー3人が全国規模の美術公募団体「一期会」の第54回一期展(10月2~14日、東京・国立新美術館)で入賞を果たした。

 森田さんがトップ5の東京都知事賞に入賞したのをはじめ、山石珠美さん(61)=小樽市在住=、吉田麻子さん(41)=札幌市在住=が東美賞、後藤純之助さん(52)=石狩管内当別町在住=が奨励賞を受賞。ほかに2人のメンバーが会員推挙と今年も大活躍。森田さんと妻・啓子さんのサポートを受けながら絵画を学ぶメンバーらは「入賞を糧にし、次につなげたい」と、新たな制作に励んでいる。

 森田さんは2羽のタンチョウが寄り添う様子を描いた「共に一筋」(M100号)。2羽のタンチョウは、自身と啓子さんをイメージ。「40年以上、この道一本でやってきたのは妻の協力があったから。その気持ちを絵で表現しました」

 これまでに大賞と内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞を受賞し、今回で上位5冠を達成。「約30年かかり、ようやく一区切り付いた。自分の思いが届いた」と笑みを見せる。

 山石さんは20代のときに訪れたアフリカの雄大さに圧倒され、アフリカの風景を描き続けている。今回の「命の継承(アフリカ)」(P100号)は、キリマンジャロの麓で見た野生のゾウの親子を描いた。「森田先生からゾウの皮膚の描き方を教わった。ゾウは母性が強く、仲間意識が強いというところを表現できました」と山石さん。

 吉田さんの作品は、自身の7歳の息子をモデルにした「話そう」(F100号)。子どものその時にしかない表情、吉田さんが育った実家に対しての愛着などさまざまな思いを作品に込めたという。理事からの評価も高く「将来が楽しみ」と森田さんは期待する。

 後藤さんは「永久の誓い」(F60号)を出展。釧路湿原に舞い降りるタンチョウのつがいに感銘を受け、自分なりに想像を膨らませてサンピラーなどを加え、幻想的な一枚にした。

 青木尚美さん(51)=札幌市=と青木匡さん(45)=横浜市=は、会員推挙となった。メンバーの活躍に森田さんは「一人一人、夢を持ち、自分自身を探求し続けている。それぞれ仕事や家庭がある中、純粋な気持ちがないと室蘭へ通い続けることはできない。苦労は結果に結びつきます」と話している。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...