北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

まちづくりイベント、市民ら活用法話し合う【室蘭】

中央町オープンスペースの有効活用を考えるイベント参加者ら

中央町のオープンスペース

 室蘭市中央町の活性化を考える「まちづくりトークイベント」が27日、市内中央町の蘭西ギャラリーなどで開かれ、同町のにぎわい創出に取り組みたい市民らが、空き地を活用するアイデアを話し合った。

 これまで4回開かれたトークイベント。前回までに、浜町商店街で市が所有する空き地(約415平方メートル、大辻医院跡)をオープンスペースとして、にぎわい創出に利用する検討を始めた。

 市は2020年度(令和2年度)、オープンスペースに天然芝を敷きプレハブ小屋を設置し、5月から半年間、民間活用を促す実証事業を行う予定。今回はオープンスペースを使い具体的に何をするか有効活用案について、コンセプトと運営スキームを一般募集した「プレーヤー」候補の約20人がワークショップ形式で考えた。

 参加者は三つのグループに分かれ、地域や商店街の現状、立地環境を踏まえながら活用案を検討。「路地裏写真館は」「キッチンカーの出店」「持ち寄ったランチを食べられる場所にすれば」「多世代交流の空間に」など各グループに多彩なアイデアがあふれていた。

 ゲストスピーカーとして、官民連携のまちづくりについて講演した国土交通省都市局都市計画課の一言太郎さん(課長補佐)は「オープンスペースの活用は手段であって、地域をどうしたいかが目的。行政は黒子に徹し、運営や調整も住民の手に委ねることで、持続可能なまちづくりにつながる」と住民参加の意義を強調した。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...