北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

受益者負担の減免見直し、市行革プランに5項目追加【室蘭】

行政改革プランの追加項目を審議した室蘭市行革推進委

コスト再検証など実施

 第72回室蘭市行政改革推進委員会(会長・永井真也室工大准教授)が28日、市役所で開かれ、行政改革プラン2016に追加する5項目を審議、承認された。市は新たな受益者負担の見直しに着手する考えを提示。所得に応じ高齢者や障害者、子どもに対して行っている減免も対象としていく方針を説明した。

 大学や町会、まちづくり団体などを代表する委員や市幹部13人が出席。小泉賢一副市長は「人口減で歳入が減る一方、福祉経費などが増大傾向で厳しい状況。大型公共事業もあり、行革を着実に進める必要がある」と訴えた。

 プランへの追加は(1)受益者負担の見直し(2)入湯税導入(3)ロボットが事務を担うロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)導入による事務効率化(4)死亡に関する届け出の効率化(5)東京事務所の見直し-の5項目で、事務局が詳細内容を報告した。

 受益者負担の見直しは、人口減少が続く中での必要な「行政サービスの維持・継続が理由」と強調した。市の試算では、直近の5年間で弾力的に活用できる一般財源収入が約10億円減少しているという。

 従来から公共施設の使用料・手数料などの受益者負担については5年ごとに見直しているが、今回は手つかずだった減免規定の見直しがポイントとなっている。コストの再検証や他都市の状況を踏まえて見定めるとした。

 減免の見直しは大きく二つあり「各種福祉サービスに対する減免」と「公共財産の使用料減免」について2020年度(令和2年度)に検討を進め、21年度からの適用を目指していく。

 高齢福祉施策、障害福祉施策とも増加傾向にあり、これまで議論されてこなかった高齢者や障害者、子どもに対する減免見直しに踏み込む。公共財産関連では、長期間にわたり減免継続している事案の政策的な効果検証を進める。

 委員からはRPA導入の効果について質問があった。市は税部門などを対象とした4業務の実証事業を行うことを説明。現在、職員一人当たりの平均年間労働時間1900時間に対し、400時間前後の「削減効果を見込んでいる」とした。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...