北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

スマートものづくり促進フォーラム、ロボットやAIなど解説【室蘭】

製品を来場者に説明するロボットメーカーの担当者

導入効果や課題探る

 ロボットや人工知能(AI)など先端技術導入の効果や課題を探る「スマートものづくり導入促進フォーラム」が28日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれた。会場では、実際のロボット機器やメーカーによるプレゼンテーションも行われ、参加した市内企業の経営者らが技術導入検討の参考にしていた。

 北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)の主催で、深刻な人手不足を背景に、産業用ロボットやモノのインターネット(IoT)など工程の自動化や省力化による人手不足解消、生産性向上を進めるきっかけづくりとして開催。会場は、専門家や導入事例紹介のセミナーと、実機展示・商談会に分割した。

 セミナーでは、IoT導入に伴う個人情報保護法や知的財産権、特許権といった法律問題、ロボットを活用した省力化事例について2人が基調講演した。

 日本ロボット工業会の矢内重章事務局長は、ロボットの導入効果について事例を交え「導入には機器単体だけでなく、システムの設計やロボットに作業を教える費用もある。導入にあたって本当に必要かどうか、投資に見合った効果を十分見極める必要がある」と解説した。

 実際にIoT導入を図った企業による事例紹介のほか、実機展示の会場では、システムやロボットの開発メーカーが来場者らにプレゼンして、技術の進化や現場のニーズについて情報交換していた。

関連記事

室蘭民報

福祉教育専門学校のベトナム人留学生が住民とクリスマス交流【室蘭】

踊り披露、おしゃべり…  室蘭市母恋北町の北海道福祉教育専門学校(澤田乃基学校長)で最新の介護技術を学ぶベトナム人の留学生と地域住民が交流する「シンチャオサロン母恋」のクリスマス会が9日、同校で...

室蘭民報

来年の「港まつり」日程決定、7月10~12日に開催【室蘭】

 むろらん港まつり実行委員会(野村滋委員長)が9日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、来年の日程を7月10日からの3日間に決定した。例年7月の最終金曜から日曜日の3日間で開催されるまつりは...

室蘭民報

ハーモニー届けたい…8日にサンタの会がコンサート【伊達】

 西胆振で活動するボランティアグループ・サンタの会(太田亜紀子代表)のクリスマスチャリティーコンサート・ぼくらの音楽会が8日午後2時から、伊達市長和町の長和ふれあい館で開かれる。  16回目の...

室蘭民報

来年のむろらん港まつり、7月10~12日開催の案が浮上【室蘭】

五輪同時期、警備員確保難しく  室蘭の夏を代表するむろらん港まつり(同実行委員会主催)は、例年7月下旬の金曜から日曜日にかけ開催しているが、来年の開催初日として予定されていた金曜日(24日)が東...

室蘭民報

現金つかみ取り挑戦を、大町商店会で大売り出し始まる【室蘭】

 室蘭・大町商店会(平林滋明会長)の年末大売り出しが1日からスタートした。同商店会の参加店で買い物をすると、抽選で現金つかみ取りに挑戦できるチャンスで、続々と抽選券や補助券が配布されている。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス