北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

足湯と地獄谷がエクセレンス認証、5年連続認定で殿堂入り【登別】

エクセレンス認証を受けた天然足湯(上)、地獄谷(下)

優れたサービス評価

 屈指の観光名所である大湯沼川天然足湯と登別地獄谷(ともに登別市登別温泉町)が、優れたサービスを提供する施設に与えられる「エクセレンス認証」を受けた。ともに5年連続の認定で、殿堂入りも果たした。

 「エクセレンス認証」は、世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー」が行っており、今年で9年目。過去1年間で旅行者がトリップアドバイザーに投稿した口コミの評価点などに基づき選定している。5段階で評価しており、4以上で「エクセレンス認証」となる。

 天然足湯は4・5の評価を得た。大湯沼川探勝歩道沿いにあり、大湯沼から湧き出た温泉をじかに楽しむことができる。休憩用のベンチも複数用意しており、ゆっくりと腰を据えて湯の温もりを感じる醍醐味(だいごみ)もある。周囲は木々に覆われており、青々しい緑のまぶしさや紅葉の輝きなど季節の移ろいも楽しめる。雪深い中で足湯を体感できる利点もあり、雪のない国・地域の訪日客に人気だ。

 クッタラ火山の活動で誕生した爆裂火口跡である地獄谷は評価4。複数の湧出口や噴気孔があり、自然の息吹を体感できる。散策や撮影スポットとしても人気。シーズン中には、登別市観光ボランティアガイド会が観光客に名所の説明をしたり記念撮影を手伝ったりと、登別ならではのおもてなしで旅をサポートしている。

 ともに2015年(平成27年)から5年連続で好評価を獲得。殿堂入りを果たし、このほど登別国際観光コンベンション協会に届いた認定証には「HALL of FAME」の文字も記されている。

 天然足湯と地獄谷は支笏洞爺国立公園の一角を構成し、世界中の観光客に親しまれている。同公園は今年指定70周年の節目を迎えており、認定と合わせて観光客を呼び込む売り出しポイントにもなりそうだ。同協会は「認定を機に今まで以上に名所を楽しんでもらいたい」としている。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...