北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

年越しそば手打ちで…“道場主”らが指導【室蘭】

道場のメンバーに教わりながら、そば包丁を使って生地を切る参加者

 西胆振のそば打ち愛好家による登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)の「手打ちそば体験講座」が1日、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で開かれ、市民ら11人が年越しに向けてそば打ちの習得に励んだ。

 サンライフ室蘭の師走恒例の講座で、全麺協の素人そば打ち段位で最高位の5段を持つ中山代表(72)ら13人が指導に当たった。

 参加者はそば打ち道具一式を使って、幌加内町産のそば粉8・小麦粉2の「二八そば」作りに挑戦。粉の混ぜ合わせから生地をそば包丁で切るところまで、道場のメンバーからノウハウを教わりながら手順を実践。出来上がったそばは各自持ち帰った。

 室蘭市日の出町から参加した橋田翔太さん(28)は「生地を切るために四角にするところが難しかったですが、楽しかったです。手打ちは良い香りがしますね」と感想。中山代表は「そば打ちはやる気と繰り返し。何回か続けてやれば、誰でも一人前になれます」と上達のコツを話していた。

関連記事

室蘭民報

大ぶりホッキ夏活気【登別】

 虎杖浜沖の夏のホッキ漁が1日解禁され、登別漁港(登別市登別港町)では2日、775キロが初水揚げされた。黒光りする大ぶりのホッキ貝がゴロゴロと揚がり、港を活気づけていた。  この日は早朝から漁船...

室蘭民報

名称、ロゴが商標登録 「えったま333」周知に力【伊逹】

振興会、特産品へ加速  伊達産の越冬タマネギのブランド化を目指す生産者グループ・伊達市えったま333(さんさんさん)振興会(堀篭司会長、8人)がPRに力を入れている。「えったま333」の名称と...

室蘭民報

「オウルズ」好評 カフェにリニューアルオープン【室蘭】

あんみつ、みつまめ自信作  室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~る内のチャレンジショップ「キッチン・オウルズ」が1日、「オウルズカフェ」としてリニューアルオープンした。室蘭では珍しいあんみつ、...

十勝毎日新聞

シェフの味を瓶詰め メムアースホテルがテークアウト【大樹】

 雄大な景色の中で前衛的なデザインの建築物に宿泊する「メムアースホテル」(大樹町芽武、野村昌広社長)は7月から、初のテークアウト商品を販売する。十勝産小麦による全粒粉パンと一緒に味わう地場産食材の...

室蘭民報

ファームレストラン、テークアウト専用に ウエムラ牧場【白老】

 白老和牛王国上村牧場(上村篤正社長)が運営するウエムラ牧場直営のレストラン「ファームレストラン ウエムラ ビヨンド」(社台)のオープンに伴い、従来の石山のファームレストランは6月29日からテー...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス