北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

くじら食堂看板メニューの「やきとり弁当」が1万食達成【室蘭】

1万食を達成した室蘭やきとり弁当

販売半年、大ヒット

 道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)の飲食スペースに出店している、くじら食堂の看板メニュー「室蘭やきとり弁当」(税込670円)が、販売開始から半年で1万食を達成した。同食堂を運営するスクラッチオールサービス(中島町)の後藤田勇人代表取締役(36)は「1年以上かかると思っていたので、予想以上の売り上げです」と手応えを感じている。

 同食堂は、4月のみたら室蘭リニューアルオープンに合わせて出店。室蘭やきとり弁当は、昼から室蘭やきとりが気軽に食べられると休日は観光客、平日は地元客を中心に好評を博し、持ち帰りもできることから、企業から一度に50食分の注文を受けるなど、売り上げは好調に推移してきた。

室蘭やきとり弁当を考案した後藤田さん(右)と曽野部さん

 メインのやきとりは3本。室蘭出身で子どものころから地元の味に親しんできた後藤田さんと総料理長の曽野部一十與さん(33)が、たれの粘り具合や味付け、肉の部位や大きさなど、「ここでしか食べられない味」を目指した。食材は道産豚肩ロースと北見産タマネギを使い、炭火で焼いて提供。8種類の調味料をブレンドしているたれは継ぎ足しで「1、2年たつと味に深みが出て、さらにおいしくなる」という。

 ご飯も道産米「ふっくりんこ」を契約農家に必要な分だけ精米してもらい、鮮度の良いものを使用。室蘭やきとりに欠かせない洋からしに加え、山わさびのしょうゆ漬けも用意。味にアクセントをつけて、最後までおいしく食べられるように工夫している。

 1万食達成は、11月初旬にこれまでの売り上げを集計したところ判明。単品で販売しているやきとりと合わせると、5万本を提供している。2人は室蘭東高校(現室蘭東翔高校)出身でテニス部の先輩、後輩の間柄。曽野部さんが「社長が求めることを実現するのが理想」と話せば、後藤田さんは「お客さまの求めていることを考えるのが自分の仕事」と応え、来年はパッケージデザインを市民から公募することも検討している。

 くじら食堂の冬季営業時間は午前10時~午後5時(ラストオーダー午後4時半)。木曜日定休。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...