北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

子ども食堂で「カレーの日」 2月までネイパル【足寄】

 道立青少年体験支援施設ネイパル足寄(南岡雄二所長)の子ども食堂「ネイパル子どもカレーの日」が、今年度も10月から来年2月までの計5回、同施設の食堂で開かれている。

好みの量でカレーを盛り付ける子どもたち

 子ども食堂は、町内の子どもが対象。同施設が特別主催事業として昨年度から試行的に展開。JAあしょろ、北海道ちぬやファーム、松田農園、足寄町喜盛会、NPO法人あしょろ観光協会が協賛し、ジャガイモやニンジン、タマネギなどの町産食材を用意。米は斉藤井出建設が寄付した。

 11月24日に開かれた第2回には、町内の幼児から中学生と保護者ら約30人が参加。調理ボランティアとして協力する町内の「割烹熊の子」の新津則之専務らが調理を担当した。

 子どもたちは自分で食べられる分を皿に盛り付け、野菜とココナツの甘さを生かした優しい味のカレーを味わった。母親と訪れた男児(認定こども園どんぐり年長)は「イモは軟らかく、ニンジンは甘い。タマネギもおいしい」と笑顔でカレーを頬張っていた。

 食事の後は「絵本の会はらっぱ」「おはなしたんぽぽ」による絵本の読み聞かせも行われた。

 ニンジンを提供した餌取農場の餌取靖徳代表は「おいしいと言ってくれることがうれしい」とし、調理の新津さんは「料理を食べてもらうことで、何のために働くのかという原点に返れた。これからも協力していきたい」と話していた。

 子ども食堂は第3回が今月14日、第4回は来年1月26日、第5回は2月16日に開かれる。

 参加無料。各回とも事前申し込みが必要。申し込み、問い合わせはネイパル足寄(0156・25・6111)へ。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...