北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「訳ありカボチャ」スープに 士幌高生が開発【士幌】

 「訳ありカボチャ」を教材に商品開発へ-。士幌高校(近江勉校長、生徒147人)に通う1~3年生の女子生徒15人が、町内の企業や生産者と協力し、カボチャの生産から流通、販売まで実践形式で学んでいる。

商品化に向けたマーケティングの手法を学ぶ「志Lab」の生徒。奥は山部さん

 カボチャは、町下居辺の菊地博明さん(68)が自宅近くの野菜農園で栽培、道の駅ピア21しほろなどで販売しているもの。ただ、今年はネズミにかじられて売り物にならず、困った末に同駅を運営するat LOCALの堀田悠希社長に相談。その結果、町内のまちづくり会社「Cheers(チアーズ)」の手も借り、商品価値の薄れたカボチャをスープにして売り出すことになった。

 同校にも協力要請があり、生徒たちにマーケティングに関する知識や技能を学んでほしいと学校側も快諾。意欲のある同校の農業女子が2月に立ち上げた「志Lab(ラボ)」が主体となってプロジェクトを進めることにし、10月から本格始動した。

 11月29日には同校でカボチャペーストの試作品の試食を兼ねた出前授業が行われ、同校の卒業生でもあるat LOCALに勤務する山部緋将さん(21)とチアーズに勤務する前多唯衣さん(20)、堀田社長らが講師として訪れたほか、菊地さんも駆け付けた。

 この日は「志Lab」に所属する1、2年生10人が参加。山部さんと前多さんの講義に耳を傾けた後、「いつ、どこで、誰に売るか」など5W1Hを意識しながら班ごとに「菊地さんを助けたいから」「飛行機の機内食としても提供したい」と思いを述べた。

 年内にまた出前授業を行い、商品のパッケージやラベルのデザインを作成するほか、カボチャのスープの味など詳細を詰めていく。最終的に来年3月までに商品を完成させ、道の駅などでゴールデンウイーク期間から販売に乗り出す見通しだ。

 生徒たちの奮闘に、菊地さんは「カボチャが無駄にならず本当によかった。完成したスープを早く飲んでみたい」と期待していた。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス