北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧のホテル、観光関係者も注視 五輪マラソン札幌開催

苫小牧市内のホテルも来夏の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に合わせ、需要動向を注視している

 2020年夏の東京五輪のマラソンと競歩が札幌開催になったことで、国内外の観戦者などの受け入れに苫小牧のホテルや観光関係者から期待と懸念の声が出ている。マラソン日程は7月末と8月上旬の2案が浮上中だが、市内はスポーツ合宿や大会参加などで宿泊が混雑する時期。来年は出光興産北海道製油所が過去最大級の定期修繕工事を行う計画で、宿泊需要は例年以上に高まる見通し。地元の一大イベント、とまこまい港まつりも例年は8月上旬開催だが、来年の日程は未定。マラソンと重なれば警備員確保が困難になる可能性もありそうだ。

 東京五輪のマラソンと競歩は当初、東京開催だったが、暑さなどが問題として国際オリンピック委員会(IOC)が10月、会場を札幌に移す計画を発表。その後、IOCと国、都、大会組織委員会の協議で札幌開催が決まった。11月上旬には道が苫小牧市に対し、市内陸上競技施設の使用可否を打診する動きもあったという。

 市内表町のホテル杉田は「毎年8月上旬は高校や大学、実業団の合宿が入る」と説明。五輪関連の予約はまだないが「これから増えそう。早めの予約が続けば早々に埋まるかもしれない」と話す。

 グランドホテルニュー王子は聖火ランナーに関係する予約が入っているが、マラソン観戦などの動きはまだみられない。例年なら8月の客室稼働率は8割超。山家隆宿泊部長は「競技時間によって見通しが変わる。詳しい情報を早く知りたい」と話した。

 一方、市や観光関係者からはイベント警備への影響を懸念する声も上がる

 市観光振興課が心配しているのは「とまこまい港まつり」の警備体制。例年通りなら五輪マラソンと時期が重なる可能性もある8月上旬の開催だが、来年の日程は未定。マラソンと競歩の日時など詳細も分からず、担当者は「他の自治体のイベントも集中する時期なので大変だと思う。毎日状況が変わるので早く決めてほしい」と動向を注視している。

 苫小牧観光協会の藤岡照宏専務は「五輪観戦で北海道に来た人が苫小牧に滞在してくれるとありがたい」と経済効果に期待するが、市内のホテルは例年以上に需要が高く動向は未知数。地元関係者も各競技の正式日程の発表を心待ちにしている。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス