北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧のホテル、観光関係者も注視 五輪マラソン札幌開催

苫小牧市内のホテルも来夏の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に合わせ、需要動向を注視している

 2020年夏の東京五輪のマラソンと競歩が札幌開催になったことで、国内外の観戦者などの受け入れに苫小牧のホテルや観光関係者から期待と懸念の声が出ている。マラソン日程は7月末と8月上旬の2案が浮上中だが、市内はスポーツ合宿や大会参加などで宿泊が混雑する時期。来年は出光興産北海道製油所が過去最大級の定期修繕工事を行う計画で、宿泊需要は例年以上に高まる見通し。地元の一大イベント、とまこまい港まつりも例年は8月上旬開催だが、来年の日程は未定。マラソンと重なれば警備員確保が困難になる可能性もありそうだ。

 東京五輪のマラソンと競歩は当初、東京開催だったが、暑さなどが問題として国際オリンピック委員会(IOC)が10月、会場を札幌に移す計画を発表。その後、IOCと国、都、大会組織委員会の協議で札幌開催が決まった。11月上旬には道が苫小牧市に対し、市内陸上競技施設の使用可否を打診する動きもあったという。

 市内表町のホテル杉田は「毎年8月上旬は高校や大学、実業団の合宿が入る」と説明。五輪関連の予約はまだないが「これから増えそう。早めの予約が続けば早々に埋まるかもしれない」と話す。

 グランドホテルニュー王子は聖火ランナーに関係する予約が入っているが、マラソン観戦などの動きはまだみられない。例年なら8月の客室稼働率は8割超。山家隆宿泊部長は「競技時間によって見通しが変わる。詳しい情報を早く知りたい」と話した。

 一方、市や観光関係者からはイベント警備への影響を懸念する声も上がる

 市観光振興課が心配しているのは「とまこまい港まつり」の警備体制。例年通りなら五輪マラソンと時期が重なる可能性もある8月上旬の開催だが、来年の日程は未定。マラソンと競歩の日時など詳細も分からず、担当者は「他の自治体のイベントも集中する時期なので大変だと思う。毎日状況が変わるので早く決めてほしい」と動向を注視している。

 苫小牧観光協会の藤岡照宏専務は「五輪観戦で北海道に来た人が苫小牧に滞在してくれるとありがたい」と経済効果に期待するが、市内のホテルは例年以上に需要が高く動向は未知数。地元関係者も各競技の正式日程の発表を心待ちにしている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

十勝毎日新聞

三宅さん、佐藤さん 全国へ 社内技術コンで【帯広】

 全国のトヨタ販売店が腕を競う「サービス技術コンクール」の北海道大会で、ネッツトヨタ帯広(帯広)の三宅健心さん(29)と佐藤大地さん(22)のペアが4~6位相当の優秀賞を受賞し、全国大会への出...

十勝毎日新聞

町の魅力伝える 中学生が留学生らと交流【大樹】

 大樹中学校(宮村孝雄校長、生徒124人)の全校生徒が6日、同校で帯広畜産大学の留学生らと交流した。生徒たちは8カ国の外国人に町の魅力を紹介するなどし、楽しいひとときを過ごした。  「ふるさ...

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

着脱簡単、夜間使用OK  登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色を...

室蘭民報

スリーエイ協会の第1回会長杯、競技普及へ24組が熱戦【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。  試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス