北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧のホテル、観光関係者も注視 五輪マラソン札幌開催

苫小牧市内のホテルも来夏の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に合わせ、需要動向を注視している

 2020年夏の東京五輪のマラソンと競歩が札幌開催になったことで、国内外の観戦者などの受け入れに苫小牧のホテルや観光関係者から期待と懸念の声が出ている。マラソン日程は7月末と8月上旬の2案が浮上中だが、市内はスポーツ合宿や大会参加などで宿泊が混雑する時期。来年は出光興産北海道製油所が過去最大級の定期修繕工事を行う計画で、宿泊需要は例年以上に高まる見通し。地元の一大イベント、とまこまい港まつりも例年は8月上旬開催だが、来年の日程は未定。マラソンと重なれば警備員確保が困難になる可能性もありそうだ。

 東京五輪のマラソンと競歩は当初、東京開催だったが、暑さなどが問題として国際オリンピック委員会(IOC)が10月、会場を札幌に移す計画を発表。その後、IOCと国、都、大会組織委員会の協議で札幌開催が決まった。11月上旬には道が苫小牧市に対し、市内陸上競技施設の使用可否を打診する動きもあったという。

 市内表町のホテル杉田は「毎年8月上旬は高校や大学、実業団の合宿が入る」と説明。五輪関連の予約はまだないが「これから増えそう。早めの予約が続けば早々に埋まるかもしれない」と話す。

 グランドホテルニュー王子は聖火ランナーに関係する予約が入っているが、マラソン観戦などの動きはまだみられない。例年なら8月の客室稼働率は8割超。山家隆宿泊部長は「競技時間によって見通しが変わる。詳しい情報を早く知りたい」と話した。

 一方、市や観光関係者からはイベント警備への影響を懸念する声も上がる

 市観光振興課が心配しているのは「とまこまい港まつり」の警備体制。例年通りなら五輪マラソンと時期が重なる可能性もある8月上旬の開催だが、来年の日程は未定。マラソンと競歩の日時など詳細も分からず、担当者は「他の自治体のイベントも集中する時期なので大変だと思う。毎日状況が変わるので早く決めてほしい」と動向を注視している。

 苫小牧観光協会の藤岡照宏専務は「五輪観戦で北海道に来た人が苫小牧に滞在してくれるとありがたい」と経済効果に期待するが、市内のホテルは例年以上に需要が高く動向は未知数。地元関係者も各競技の正式日程の発表を心待ちにしている。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...