北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

調味料製造「久原本家」 恵庭に工場、道産食材で商品開発も

握手を交わす河邉社長(中央)と恵庭市戸磯南土地区画整理組合の杉岡理事長(左)、原田市長=11月27日、恵庭市役所

 調味料製造の久原(くばら)本家食品(本社福岡県久山町、河邉哲司社長)が恵庭市内の戸磯南工業団地に進出する。新工場を2020年夏から建設し、21年7月に稼働する予定。同社主力ブランド「くばら」の鍋スープや道産食材を使った商品開発も手掛ける。同団地はこれで完売した。

 同社は1893年創業の総合食品メーカー「久原本家グループ」の中核企業として、各種商品の製造を担っている。グループ全体の社員数は1172人。主力ブランドの一つ「茅乃舎(かやのや)」は2013年に大丸札幌店に直営店をオープン。恵庭は人口増が続き雇用が見込めるほか、空港からも近く、良質な食材、地下水などを確保できるため進出を決めたという。

 同団地の3分の2に相当する6ヘクタールを購入。製造機能をメインとする建物の面積は5000平方メートルの見込みで、同社によると土地購入費を含む建設費用は約50億円の見通しで、30~100人の雇用を想定している。

 同団地への進出が決まっている加工野菜の製造販売を行うせき(本社茨城県ひたちなか市、関孝範社長)との連携も視野に入れる。

 河邉社長が11月27日、同団地の造成工事や販売を行う恵庭市戸磯南土地区画整理組合の杉岡正三理事長らと共に恵庭市役所を訪れ、原田裕市長と懇談。「あの工場で働きたい、と思ってもらえるような、市民の憩いの場にもなるすてきな施設にする。良いものを作っている生産者と一人でも多くつながりたい」と述べ、「北海道での製品づくりで、他の食品会社も刺激したい」と意気込みを語った。原田市長も「私どもも精いっぱい支援したい」と話した。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス