北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

イルミネーション点灯【根室】

駅前通りに大ツリー 信金が14年目

 師走に入った1日、根室駅前通りに今年も巨大イルミネーションツリーが点灯した。暮れ行く宵闇に、青と白の光が作る円錐形の大きなツリーが浮かび上がった。

根室駅前通りに点灯したイルミネーションツリー

 大地みらい信用金庫が地域密着型金融機関として地域に貢献する事業の一環で、この時期に毎年点灯している。同信金創業90周年記念で平成18年12月に開始して以来、今年で14年目。

 駅前通りの中央分離帯に設置され、地上8メートル、最下部の円周が2.3メートル。スラリと天に向かって直立した円錐形に、50本5千球の電飾が取り付けられ、頂点に金色の星形電飾がきらめく。

 来年1月末まで2カ月間にわたって、JR根室駅やバスターミナルの乗降客、道行く市民の目を楽しませる。毎日午後4時から午前0時まで点灯する。

北方領土返還祈願 今年は「和」

 道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」(佐田正蔵館長)で今年も北方領土の早期返還を願う「四島返還」イルミネーションが1日、点灯した。「令和に代わった今こそ、北方領土問題を解決し、平和条約を締結してほしい」との願いを込め、今年の一文字に『和』を選択した。

 ニ・ホ・ロの「四島返還」イルミネーションは、平成16年度から毎年行っているもので、今年で16回目。毎年「四島返還」の文字とともに、日本漢字能力検定協会が「漢字の日」の12月12日に発表している「今年の漢字」をもじって、「四島返還」の文字の間にニ・ホ・ロで選んだ「今年の一文字」を入れている。

 今年は「昭『和』の時代に発生した北方領土問題を、元号が令『和』に変わった今こそ平『和』条約を締結し、解決してほしい」との願いを込め、今年の一文字に『和』を選んだ。

 イルミネーションの看板は縦90センチメートル、横550センチメートルで、べニア板と発泡スチロール製の職員手作り。「四島・和・返還」の文字のほか、北方四島の地図を配置し、さらに2千球の豆電球で飾りつけている。

ニ・ホ・ロで点灯している「四島返還」イルミネーション

 イルミネーションは1日に点灯を開始し、「北方領土の日」の2月7日まで毎日午後4時から同5時まで(夜間貸し館での利用がある場合は同9時まで)実施。同センターでは「『和』の一文字を胸に、今一度新たな思いで返還運動に取り組んでいきたい」としている。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス