北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

魅力アップへ連携を…市長定例記者会見、訪日客減少に対応【登別】

カルルス温泉サンライバスキー場などを活用した振興策を語る小笠原市長

サンライバ、だんパラ、オロフレ・3スキー場

 登別市の小笠原春一市長は2日の定例記者会見で、国際情勢の変化などに伴い想定される訪日客減少への対応として、雪のない国・地域からのニーズを踏まえて、北海道登別洞爺広域観光圏協議会の取り組みとして、カルルス温泉サンライバスキー場や室蘭市だんパラスキー場、オロフレスキー場と連携して魅力向上を図る考えを示した。

 小笠原市長は2019年度上期の入り込みについて「感触として、韓国からの観光客は1~3万人ほど減るだろうと予測している」と説明。減少分を補う対策として、2市1町にあるスキー場の有効活用を掲げた。「北海道登別洞爺広域観光圏協議会で中国を訪れた際、スキー場の話題が非常に多く、三つのスキー場をうまく使えないか話し合ってきた。利用者のうち7、8割を初心者として対象とするなら、レンタルの使いやすさが必要。滑り台を設けるなどの実験を今シーズンやってみたらどうかと担当部署に指示した。1市1町にも声掛けしていきたい」とした。

 道が誘致見送りを表明した統合型リゾート施設(IR)については「観光振興の面では大打撃。道として、代わりになる稼ぎ頭を見つけなければならない」と推察した。

 老朽化が進む市消防団登別温泉分団(飯島茂分団長)の施設を移転新築する考えも示した。来年10月開署予定の市消防署東支署(中登別町)横に移転する方向で事務を進めている。21年度(令和3年度)中の完成を目指す。

 登別温泉分団施設が入る建物には、登別温泉支署なども併設されている。築約50年が経過し老朽化が著しく、土砂災害警戒区域にも位置していることが課題となっていた。東支署横に移転することで引き続き常設消防との連携を図りたい考えだ。

 市は、19年度補正予算として消防施設等整備基金に456万1千円を積み立てる。この日の記者会見で小笠原市長は「現在地よりも温泉街から離れてしまうことになるので、出動態勢の調整が必要」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...