北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

高校給食の導入を検討、市教委が試食を実施【伊達】

給食の配食に列を作る伊達高校2年生=11月22日

 伊達市教育委員会は、市内の高校の食育と健康教育の推進などを目的に伊達高校(柴田亨校長、生徒数286人)をモデル校とした、給食試食を計5回実施した。ニーズなどを調査し、今後の高校への給食提供を検討する。

 ●食育センター有効活用視野

 だて歴史の杜食育センター(梅本町)は現在、伊達、壮瞥の小中学生の給食計2900食分を作る。最大では3300食ほど提供でき同センターの有効活用も視野に入れている。試食は10月25日~11月22日の間に実施。3年生は1回、1、2年生はそれぞれ2回行った。

 11月22日は2年生が「ごはん」や「韓国風すきやき」「磯華玉子焼き」「小松菜の中華和え」「牛乳」を味わった。バレーボール部に所属する村上兼心さん(17)は「おいしかったし、量もちょうど良い」と笑顔を見せた。

 市教委は小中学生と同じメニューで主食、汁物、主菜、副菜、牛乳の提供を予定し、1食350円を検討している。同校の生徒、父母へ給食の量や提供の頻度などのアンケートを実施する。「皆さまの意見を踏まえ方向性を出していきたい」(市教委)と話している。

 小学生の子どもを持つ市内の30代の保護者からは「お弁当を作る負担も少しは軽減される。もし導入されるなら提供を受けてみたいですね」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...