北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

内藤食品の大粒納豆が新作ゲームに採用決定【室蘭】

「龍が如く7」の回復アイテムとして採用が決まった「おらが街納豆」のゲーム画面(セガゲームス提供)

セガ人気シリーズ「龍が如く7」

 室蘭市の納豆製造業・内藤食品工業(室蘭市御前水町、内藤孝幸社長)の大粒納豆「おらが街」が、セガゲームスの人気シリーズ最新作「龍が如く7」のゲーム内素材(アイテム)として採用が決まった。主人公などのキャラクターが納豆を食べると体力を回復する仕掛け。セガゲームスは「魅力的なアイテムなので、ゲームの世界観を楽しんでいただける」と期待している。

 道産大豆を使用した「おらが街」(大粒・中粒部門)は、ふっくらとした歯応えや粘り強さが特徴。全国納豆鑑評会で最高賞(農林水産大臣賞)に輝いた商品。内藤食品工業とセガゲームスは、会員制交流サイト(SNS)のツイッターを通じ協力することが決まった。

 ゲームは「大人向けのエンターテインメント作品」をコンセプトとしたアクションゲーム。累計1200万本以上を出荷。今回、「コラボレート企画」の一環として、全国の8企業12商品が登場する。

 「おらが街」とセガゲームスのコラボは今回で2度目。2018年(平成30年)7月に「納豆の日」(7月10日)に合わせた「せがのたい焼き」として販売して人気を集めるなど、来年の継続実施も検討している。

 セガゲームスプロモーション統括部の森山彩乃さんは「魅力的な製品を発売されており、おいしい納豆なので体力回復アイテムとしてふさわしい」と話した。

 内藤食品工業の高橋幸恵広報課長は「昨年のたい焼きのポスターには『室蘭』の名前を大きく扱っていただいた。多くの人に室蘭の名前が伝われば」と笑顔を見せた。

 ゲームは来年1月16日に発売する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...