北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

内藤食品の大粒納豆が新作ゲームに採用決定【室蘭】

「龍が如く7」の回復アイテムとして採用が決まった「おらが街納豆」のゲーム画面(セガゲームス提供)

セガ人気シリーズ「龍が如く7」

 室蘭市の納豆製造業・内藤食品工業(室蘭市御前水町、内藤孝幸社長)の大粒納豆「おらが街」が、セガゲームスの人気シリーズ最新作「龍が如く7」のゲーム内素材(アイテム)として採用が決まった。主人公などのキャラクターが納豆を食べると体力を回復する仕掛け。セガゲームスは「魅力的なアイテムなので、ゲームの世界観を楽しんでいただける」と期待している。

 道産大豆を使用した「おらが街」(大粒・中粒部門)は、ふっくらとした歯応えや粘り強さが特徴。全国納豆鑑評会で最高賞(農林水産大臣賞)に輝いた商品。内藤食品工業とセガゲームスは、会員制交流サイト(SNS)のツイッターを通じ協力することが決まった。

 ゲームは「大人向けのエンターテインメント作品」をコンセプトとしたアクションゲーム。累計1200万本以上を出荷。今回、「コラボレート企画」の一環として、全国の8企業12商品が登場する。

 「おらが街」とセガゲームスのコラボは今回で2度目。2018年(平成30年)7月に「納豆の日」(7月10日)に合わせた「せがのたい焼き」として販売して人気を集めるなど、来年の継続実施も検討している。

 セガゲームスプロモーション統括部の森山彩乃さんは「魅力的な製品を発売されており、おいしい納豆なので体力回復アイテムとしてふさわしい」と話した。

 内藤食品工業の高橋幸恵広報課長は「昨年のたい焼きのポスターには『室蘭』の名前を大きく扱っていただいた。多くの人に室蘭の名前が伝われば」と笑顔を見せた。

 ゲームは来年1月16日に発売する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

十勝毎日新聞

三宅さん、佐藤さん 全国へ 社内技術コンで【帯広】

 全国のトヨタ販売店が腕を競う「サービス技術コンクール」の北海道大会で、ネッツトヨタ帯広(帯広)の三宅健心さん(29)と佐藤大地さん(22)のペアが4~6位相当の優秀賞を受賞し、全国大会への出...

十勝毎日新聞

町の魅力伝える 中学生が留学生らと交流【大樹】

 大樹中学校(宮村孝雄校長、生徒124人)の全校生徒が6日、同校で帯広畜産大学の留学生らと交流した。生徒たちは8カ国の外国人に町の魅力を紹介するなどし、楽しいひとときを過ごした。  「ふるさ...

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

着脱簡単、夜間使用OK  登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色を...

室蘭民報

スリーエイ協会の第1回会長杯、競技普及へ24組が熱戦【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。  試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス