北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

歯の情報 優しく伝えます 竹田歯科【音更】

 音更町内の医療法人誠心会竹田歯科クリニック(木野東通3、竹田智郎院長)が発行する、歯科助手手作りの通信がひそかに人気を集めている。歯にまつわる旬な話題や知ってほしい情報を、優しいタッチでカラフルに分かりやすく紹介。持ち帰る患者も多く好評だ。

手作りの通信を手に笑顔を見せる(右から)平野さん、岡部さん

 作成者は、患者の満足度を上げる同院独自のプロジェクトメンバーに所属する、平野由美さん(33)と岡部実和さん(38)。院内に歯の専門雑誌を何冊か置いているものの、なかなか手に取ってもらえずにいたことから、「役に立つ情報をもっと読みやすくして患者さんに届けよう」(平野さん)と思い立ち、同院の名称をもじって「たけのこ通信」と命名した手作りの通信を、昨年9月ごろに発行した。

 第1号では、子どもの転倒による歯のけがの問い合わせが多かったため、けがをした際の留意点や早期の受診を勧める情報について紹介。第2号は歯を失う原因となる歯周病を解説し、第3号から岡部さんが文章担当として作成に加わり、片面印刷から両面印刷にして情報量も増やした。

 平野さんによる愛らしい動物のイラストを散りばめた見た目が親しみやすく、次第に患者の間で認知され、持ち帰る動きも。企業主導型保育園「きたのこぐま」(木野西通9)と提携を結んでいる関係から、同園でも通信を掲示、置いたところ、園児の保護者が興味深く見入るなど話題になっているという。

 ほぼ3カ月間隔の発行で、虫歯予防など子どもの歯のケアをテーマにした第5号を来年初めにも発行する予定。平野さんは「看護師の患者さんが通信を拡大コピーし、歯の健康を支えるツールとして活用してくれたりもしている。皆さんの役に立つ情報を今後も発信していきたい」としている。

 同院のホームページでバックナンバーを閲覧できる。問い合わせは同院(0155・30・2030)へ。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...