北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

歯の情報 優しく伝えます 竹田歯科【音更】

 音更町内の医療法人誠心会竹田歯科クリニック(木野東通3、竹田智郎院長)が発行する、歯科助手手作りの通信がひそかに人気を集めている。歯にまつわる旬な話題や知ってほしい情報を、優しいタッチでカラフルに分かりやすく紹介。持ち帰る患者も多く好評だ。

手作りの通信を手に笑顔を見せる(右から)平野さん、岡部さん

 作成者は、患者の満足度を上げる同院独自のプロジェクトメンバーに所属する、平野由美さん(33)と岡部実和さん(38)。院内に歯の専門雑誌を何冊か置いているものの、なかなか手に取ってもらえずにいたことから、「役に立つ情報をもっと読みやすくして患者さんに届けよう」(平野さん)と思い立ち、同院の名称をもじって「たけのこ通信」と命名した手作りの通信を、昨年9月ごろに発行した。

 第1号では、子どもの転倒による歯のけがの問い合わせが多かったため、けがをした際の留意点や早期の受診を勧める情報について紹介。第2号は歯を失う原因となる歯周病を解説し、第3号から岡部さんが文章担当として作成に加わり、片面印刷から両面印刷にして情報量も増やした。

 平野さんによる愛らしい動物のイラストを散りばめた見た目が親しみやすく、次第に患者の間で認知され、持ち帰る動きも。企業主導型保育園「きたのこぐま」(木野西通9)と提携を結んでいる関係から、同園でも通信を掲示、置いたところ、園児の保護者が興味深く見入るなど話題になっているという。

 ほぼ3カ月間隔の発行で、虫歯予防など子どもの歯のケアをテーマにした第5号を来年初めにも発行する予定。平野さんは「看護師の患者さんが通信を拡大コピーし、歯の健康を支えるツールとして活用してくれたりもしている。皆さんの役に立つ情報を今後も発信していきたい」としている。

 同院のホームページでバックナンバーを閲覧できる。問い合わせは同院(0155・30・2030)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...