北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

辱果たし、再昇格つかむ 世界選手権へ、苫小牧で強化合宿-男子IHU20日本代表

世界選手権に向けてレベルアップを目指す参加選手たち

 男子アイスホッケー日本代表のU20は11月28日から12月1日まで4日間、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで強化キャンプを行った。参加した選手たちは年明けの大一番に向けて基本的な調整を行い、チームの結束力を高めた。

 来年1月6~12日にリトアニア・ヴィリニュスで開かれる世界選手権を見据えて行われた。代表候補選手27人が参加し、DF武部太輝(東洋大、苫小牧工業高出身)、FW安藤永吉(法政大、駒大苫小牧高出身)ら国内の大学生のほかFW大久保雅斗、中島照人など駒大苫小牧高選手たちも名を連ねた。

 キャンプではゲーム形式での実戦練習を中心に取り組んだ。攻撃や守備などのシステムやセットの確認などを入念に行い、選手たちは本番を見据えてそれぞれのコンディションを確かめた。室内トレーニングも併せて行って筋力づくりにも励んだ。

 U20チームは一昨年、ディビジョンⅡグループA(4部相当)で全勝しディビジョンⅠグループB(3部相当)に昇格したものの、昨シーズンの世界選手権は苦戦を強いられ、最下位でⅡグループAに再び降格した。今季は悔しさを胸に再び昇格を目指し、さらなる高みを目指す戦いになる。

 代表を率いる岩本裕司監督は「世界選手権に向けて、システムなどを理解し良い動きをしてくれていた。実りのあるキャンプになったと思う」と手応えを口にする。世界選手権では「スピードと、いかに少ないパスでシュートまで持って行けるかというのがカギを握ってくる。キャンプで培ったものを生かして戦いたい」と意気込んだ。

 FW中島は「全体的に質の高い練習ができた。代表としての誇りを持ってプレーしていきたい」と力強い。DF武部は「代表の中では年齢は上。チームリーダーとして頑張っていきたい。昨シーズンの雪辱を果たし全勝で終えたい」と話した。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」23日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を23日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

根室新聞

ベトナム人実習生の励みと交流に 旧正月「テト」を祝う会開催【根室】

 根室ベトナム交流協会(会長・山本連治郎根室商工会議所会頭)は、26日に商工会館を会場に、ベトナムの旧正月「テト」を祝う会を初めて開く。先週、経済ミッションでベトナムを訪問した際に本場の飾りな...

根室新聞

第89回芭蕉同窓会開く 余興楽しみ親睦【根室】

 根室高校の卒業生でつくる芭蕉同窓会松浦宗信会長は19日、第89回総会、懇親会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者ら約300人が一堂に会した総会では、伝統ある3つの校歌を声高らかに斉唱...

日高報知新聞

子どもかるた 小中とも浦河優勝【浦河】

 日高地区子ども会育成連絡協議会(飯田美和子会長)主催の第23回北海道子どもかるた大会日高地区予選大会が18日、浦河町ファミリースポーツセンターで開かれ、小学生の部は柊(ひいらぎ)の華炎、中学生の...

日高報知新聞

全日高小・中学生スピードスケート競技大会で21種目争う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の第40回全日高小・中学生スピードスケート競技大会が19日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。小学1年生から中学生までが出場し、男女21種目でタイムを競...