北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

辱果たし、再昇格つかむ 世界選手権へ、苫小牧で強化合宿-男子IHU20日本代表

世界選手権に向けてレベルアップを目指す参加選手たち

 男子アイスホッケー日本代表のU20は11月28日から12月1日まで4日間、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで強化キャンプを行った。参加した選手たちは年明けの大一番に向けて基本的な調整を行い、チームの結束力を高めた。

 来年1月6~12日にリトアニア・ヴィリニュスで開かれる世界選手権を見据えて行われた。代表候補選手27人が参加し、DF武部太輝(東洋大、苫小牧工業高出身)、FW安藤永吉(法政大、駒大苫小牧高出身)ら国内の大学生のほかFW大久保雅斗、中島照人など駒大苫小牧高選手たちも名を連ねた。

 キャンプではゲーム形式での実戦練習を中心に取り組んだ。攻撃や守備などのシステムやセットの確認などを入念に行い、選手たちは本番を見据えてそれぞれのコンディションを確かめた。室内トレーニングも併せて行って筋力づくりにも励んだ。

 U20チームは一昨年、ディビジョンⅡグループA(4部相当)で全勝しディビジョンⅠグループB(3部相当)に昇格したものの、昨シーズンの世界選手権は苦戦を強いられ、最下位でⅡグループAに再び降格した。今季は悔しさを胸に再び昇格を目指し、さらなる高みを目指す戦いになる。

 代表を率いる岩本裕司監督は「世界選手権に向けて、システムなどを理解し良い動きをしてくれていた。実りのあるキャンプになったと思う」と手応えを口にする。世界選手権では「スピードと、いかに少ないパスでシュートまで持って行けるかというのがカギを握ってくる。キャンプで培ったものを生かして戦いたい」と意気込んだ。

 FW中島は「全体的に質の高い練習ができた。代表としての誇りを持ってプレーしていきたい」と力強い。DF武部は「代表の中では年齢は上。チームリーダーとして頑張っていきたい。昨シーズンの雪辱を果たし全勝で終えたい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...