北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

国際永久凍土学会が苫小牧大成小で凍結測定開始 卒業生・宮城大の原田准教授来校

土壌凍結の測定装置を設置する原田准教授(左)と児童たち

 苫小牧大成小学校(柴田知巳校長)で2日、理科の楽しさを伝えることを目的とした国際永久凍土学会の「土壌凍結測定プログラム」が始まった。同小の卒業生で、学会メンバーの原田鉱一郎宮城大准教授(52)が同校を訪れ、測定装置を同小敷地内に設置。4年生56人が来年3月まで、土壌が凍結する深さや期間などを定期的に測定する。胆振管内では初の取り組みとなる。

 同学会はアメリカ、ロシア、日本など寒冷地を抱える国の研究者1000人以上が所属。子どもの理科離れを防ぎ、将来の研究者を増やそうと小中学生を対象に測定プログラムを展開している。日本では2011年11月に道内の芦別、根室、釧路の3校で始まり、現時点で道内35校が行っている。

 測定は内径4ミリ、長さ2メートルのビニール管に青い着色料で色付けした水を注入。管は筒状の容器に入れて土中に埋め、定期的に取り出して凍った深さを目視で確認する。同小4年生は、氷の凍結など物質変化を学ぶ理科授業の一環で関わる。

 この日、原田准教授はプログラムが道内各地の35校をはじめ、アメリカやロシアなどの北極圏を中心に、500以上の学校で取り組まれていることを説明。「苫小牧は土が凍りやすいのでみんなで測ってほしい。世界中のデータと比べて使います」などと協力を呼び掛けた。

 学校の前庭と中庭で、ドリルを使って土に穴を開け、装置の約半分を土中に埋めた。今川翔君(10)と山本しずくさん(9)は「みんなと話をしながら毎日測りたい。世界とつながる実験ができてうれしい」と笑顔。原田准教授も「小さい頃から視野を広げてくれたら」と期待していた。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...