北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

国際永久凍土学会が苫小牧大成小で凍結測定開始 卒業生・宮城大の原田准教授来校

土壌凍結の測定装置を設置する原田准教授(左)と児童たち

 苫小牧大成小学校(柴田知巳校長)で2日、理科の楽しさを伝えることを目的とした国際永久凍土学会の「土壌凍結測定プログラム」が始まった。同小の卒業生で、学会メンバーの原田鉱一郎宮城大准教授(52)が同校を訪れ、測定装置を同小敷地内に設置。4年生56人が来年3月まで、土壌が凍結する深さや期間などを定期的に測定する。胆振管内では初の取り組みとなる。

 同学会はアメリカ、ロシア、日本など寒冷地を抱える国の研究者1000人以上が所属。子どもの理科離れを防ぎ、将来の研究者を増やそうと小中学生を対象に測定プログラムを展開している。日本では2011年11月に道内の芦別、根室、釧路の3校で始まり、現時点で道内35校が行っている。

 測定は内径4ミリ、長さ2メートルのビニール管に青い着色料で色付けした水を注入。管は筒状の容器に入れて土中に埋め、定期的に取り出して凍った深さを目視で確認する。同小4年生は、氷の凍結など物質変化を学ぶ理科授業の一環で関わる。

 この日、原田准教授はプログラムが道内各地の35校をはじめ、アメリカやロシアなどの北極圏を中心に、500以上の学校で取り組まれていることを説明。「苫小牧は土が凍りやすいのでみんなで測ってほしい。世界中のデータと比べて使います」などと協力を呼び掛けた。

 学校の前庭と中庭で、ドリルを使って土に穴を開け、装置の約半分を土中に埋めた。今川翔君(10)と山本しずくさん(9)は「みんなと話をしながら毎日測りたい。世界とつながる実験ができてうれしい」と笑顔。原田准教授も「小さい頃から視野を広げてくれたら」と期待していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

十勝毎日新聞

三宅さん、佐藤さん 全国へ 社内技術コンで【帯広】

 全国のトヨタ販売店が腕を競う「サービス技術コンクール」の北海道大会で、ネッツトヨタ帯広(帯広)の三宅健心さん(29)と佐藤大地さん(22)のペアが4~6位相当の優秀賞を受賞し、全国大会への出...

十勝毎日新聞

町の魅力伝える 中学生が留学生らと交流【大樹】

 大樹中学校(宮村孝雄校長、生徒124人)の全校生徒が6日、同校で帯広畜産大学の留学生らと交流した。生徒たちは8カ国の外国人に町の魅力を紹介するなどし、楽しいひとときを過ごした。  「ふるさ...

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

着脱簡単、夜間使用OK  登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色を...

室蘭民報

スリーエイ協会の第1回会長杯、競技普及へ24組が熱戦【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。  試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス