北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

国際永久凍土学会が苫小牧大成小で凍結測定開始 卒業生・宮城大の原田准教授来校

土壌凍結の測定装置を設置する原田准教授(左)と児童たち

 苫小牧大成小学校(柴田知巳校長)で2日、理科の楽しさを伝えることを目的とした国際永久凍土学会の「土壌凍結測定プログラム」が始まった。同小の卒業生で、学会メンバーの原田鉱一郎宮城大准教授(52)が同校を訪れ、測定装置を同小敷地内に設置。4年生56人が来年3月まで、土壌が凍結する深さや期間などを定期的に測定する。胆振管内では初の取り組みとなる。

 同学会はアメリカ、ロシア、日本など寒冷地を抱える国の研究者1000人以上が所属。子どもの理科離れを防ぎ、将来の研究者を増やそうと小中学生を対象に測定プログラムを展開している。日本では2011年11月に道内の芦別、根室、釧路の3校で始まり、現時点で道内35校が行っている。

 測定は内径4ミリ、長さ2メートルのビニール管に青い着色料で色付けした水を注入。管は筒状の容器に入れて土中に埋め、定期的に取り出して凍った深さを目視で確認する。同小4年生は、氷の凍結など物質変化を学ぶ理科授業の一環で関わる。

 この日、原田准教授はプログラムが道内各地の35校をはじめ、アメリカやロシアなどの北極圏を中心に、500以上の学校で取り組まれていることを説明。「苫小牧は土が凍りやすいのでみんなで測ってほしい。世界中のデータと比べて使います」などと協力を呼び掛けた。

 学校の前庭と中庭で、ドリルを使って土に穴を開け、装置の約半分を土中に埋めた。今川翔君(10)と山本しずくさん(9)は「みんなと話をしながら毎日測りたい。世界とつながる実験ができてうれしい」と笑顔。原田准教授も「小さい頃から視野を広げてくれたら」と期待していた。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...