北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

地場産品に行列できる【浦河】

 浦河町の地場産品を格安販売する歳末恒例の「地場産品直売フェア」(実行委主催)が1日、堺町東6の浦河第一中体育館で開かれた。約1000人が来場し、お歳暮や正月用の海産物、河浦ミカンなどを買い求める行列ができ、大漁旗の飾られた会場は熱気に包まれた。

 〝地産地消〟の機運を高める29回目となるフェアで、農水産物などの町内16事業者の協力で開催。10月に発売された20%プレミアム付の地域商品券も使用できる。

 開始前から行列ができたため約10分前に開場が宣言されると、新巻サケや銀聖(銀毛サケ)、サケ珍味のほか、タラコ、イクラなど水産加工品が飛ぶような売れ行きで販売者の威勢のいい声が響いた。

 ほか、浦河産の黒毛和牛肉、特別栽培米の新米、はちみつ、野菜、ソーセージ・ベーコンなど農畜産物を販売し、昼まで客足が途絶えることなく、地方発送コーナーも混雑した。

 会場2階では親子限定で、地場産食材を使った手作り料理体験「3色コロコロボール型おにぎりづくり」も行われ、家族で楽しんだ。

 毎年人気の町と友好交流都市・熊本県天草市の河浦産ミカンの販売では3・4㌧を2回に分け販売し、午前10時の整理券配布開始前の8時半くらいから客が並び始めるなど長蛇の列ができた。

 当日会場で使える商品券が当たるお楽しみ抽選会もあり、来場者は5000円分で1回のくじを引いて一喜一憂。特賞の1万円分商品券を引いた60歳代の女性客は「当てたのが初めてでうれしい。目的の品は買ったが、これから会場を回って買い物を楽しみたい」と満面の笑顔だった。

海産物などを中心に行列ができた直売フェア

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...