北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

100万円でウニ100パック 鹿部ふるさと納税返礼品【鹿部】

「ふり塩うに」をPRする船橋社長

 【鹿部】町のふるさと納税の返礼品に、イリエ船橋商店(船橋敦子社長)の「ふり塩うに」(100グラム)100パックを追加した。寄付金は100万円で、発送はひと月10パックから選択が可能。ポータルサイト「ふるさとチョイス」で取り扱っている。

 「ふり塩うに」は「子どもがいつ里帰りしても一番おいしいウニを食べさせたい」という船橋社長の思いから3年ほどかけて商品化した。北海道産のエゾバフンウニを使用。仕入れたウニはその日のうちにぬめりを取り除き、絶妙な塩加減で味付けをして氷結。塩水ウニはうま味が塩水に溶け出してしまうが、この手法だとウニの旨味が凝縮され、生に近い状態を楽しむことができるという。

 昨年から1万円の寄付で1パックの提供を開始。今年も注文数は増加しており、受け取った人からは「臭みもなく、程よい塩加減でおいしかった」「また食べたい」などの声が聞かれ、高評価を得ている。船橋社長は「何度でも食べたいと思える味になっている。わさびとしょうゆで味わってもらいたい」とPRする。

関連記事

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...

室蘭民報

「次は2次、私立」―室工大会場でのセンター試験終了【室蘭】

 大学入試センター試験最終日の19日、西胆振では唯一の会場・室蘭工業大学(室蘭市水元町)でも数学と理科の試験があり、交通機関や会場運営などの大きなトラブルはなく全日程を終えた。受験生たちは緊張か...

室蘭民報

西胆振職親会が障がい者永年雇用事業所表彰【伊達】

小川商店を表彰  西胆振心身障がい者職親会(早坂文雄会長)の障がい者永年雇用事業所表彰と新年交礼会が17日夜、伊達市末永町のホテルローヤルであった。同事業所1社をたたえた。  約50人が出席。...

室蘭民報

長唄「鶴亀」祝いの調べ、邦楽舞踊協会が新年懇親会【室蘭】

 室蘭邦楽舞踊協会(沼田俊治会長)は19日夜、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで恒例の新年懇親会を開いた。各社中の約50人が令和時代も伝統文化の継承と発展に尽くす覚悟を新たにした。  懇親会は...