北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大学や専門学校への「勧誘」功奏し消防団団員が増加【室蘭】

市立室蘭看護専門学院で行われた卒業生の団員による説明会(提供写真)

 自分たちのまちは自分たちで守る-。室蘭市消防団(佐藤幸男団長)の団員数が増加している。市内の大学や専門学校を消防本部職員と卒業生の団員が訪れ、活動内容や入団後の体験談を周知するなど、学生を積極的に勧誘していることが功を奏している。

 団員数は1999年(平成11年)に356人だったのが、高齢化や転勤などで退団者が相次ぎ、入団者数も伸び悩んだため、2018年には270人まで減少した。こうした事態を打開すべく、室蘭市消防本部は3年前から学校訪問による説明会を開催。職員が消防団の年間行事や各種訓練、防火指導について説明した後、卒業生の団員が入団の動機、消防団で体験したことなどを伝え、学生に消防団活動についてイメージしやすくなるよう工夫した。

 さらに、3万1500円以上の年額報酬、火災時の出動や研修、訓練へ参加するたびに支給される5千円程度の出場報酬、5年以上の在籍者へ支給される20万円以上の退職報償金、就職活動で活用できる学生消防団活動認証制度、飲食店で割引などの特典が受けられる消防団員プレミアムカードの周知をすることで、入団の動機を後押しした。

 19年4月には274人と増加に転じ、12月1日現在で282人(充足率96・5%)になった。本年度入団した21人中、19歳以下が8人、20~29歳が5人と半数以上を占めるなど、効果は着実に表れている。消防本部の坂本実消防指令(消防団本部長)は「団員数の増加とともに、若返りを図り、定員(292人)にも近づけたい。知らないところに一人で入るのはハードルが高いと思うので、これからも団員と一緒に勧誘活動を行っていきたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...