北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

鋼材販売会社が函館産イチゴの菓子店 6~8日プレ営業【函館】

函館産いちごと牛乳を使ったプリンを販売する新店舗

 鋼材・建設資材販売の大一興業(函館市昭和2、大越信幸社長)が6日、末広町に「はこだて恋いちご洋菓子店」をオープンする。グループ会社が恵山地区で栽培したイチゴを使い、瓶詰めのプリンやソフトクリームを販売する。金森赤レンガ倉庫群などに近い立地を生かし、国内外の観光客に新たな土産品としてPRする構えだ。

 大越社長(50)は、東京五輪や道新幹線延伸工事後の建設需要の減少を懸念し、8年前にイチゴ栽培のリュドフレイズを設立した。温泉熱を活用したビニールハウスで「恋苺」と呼ばれる品種を年間10トンほど生産。「はこだて恋いちご」の名称で、地元菓子店などに販売している。

 ただ、生産のピークを迎える春は、道外産イチゴと出荷時期が重なるのが課題だった。大越社長は「冷凍して加工することで甘みが増す。売れ残りなどロスの解消につなげたい」と狙いを話す。

 看板商品のプリンは、函館牛乳のプリンにイチゴのジュレを乗せた「いちごぷりん」など3種類を用意した。1個380円~420円(税別)。

 店舗はマンション「ルネッサンス末広」の1階に構えた。プリンを手作りする厨房を含めた店舗面積は約145平方メートルで、来年3月ごろに店内にカフェを設ける予定。大越社長は「将来的には恵山地区でもいちご狩りやスイーツ店を併設したい」と話している。

 6~8日は午前10時にプレオープンし、300個限定でプリンを販売。13日に本格的な営業を始める。営業時間は午前10時~午後6時。不定休。問い合わせは同店(0138・86・7616)へ。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...