北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

水際での取り締まり強化、税関が年末特別警戒【函館】

乗客のスーツケースの中身を調べる検査官

 密輸の水際取り締まりを強化する税関の「年末特別警戒」が4日、全国一斉に始まった。函館税関は13日までの期間、検査を担う職員の数を一時的に増やすなどして、不正薬物などの流入を阻止する。

 物流や人の移動が活発になる時期に合わせ、毎年実施。4日は函館空港で同税関監視部の戸塚泰彦次長が、検査員8人を前に「東京五輪・パラリンピックの開催を控え、水際取り締まりに対する国民の期待は高まっている。関係機関との連携を深め期待と信頼に応えてほしい」と訓示した。

 その後、同税関は、台湾から約170人の客を乗せた便の到着に合わせ、検査の様子を報道陣に公開。検査員は乗客に入国の目的や滞在期間などを尋ねながら、不審物がないかスーツケースの中身を確認した。

 同税関によると、管内(北海道、青森、秋田、岩手)で不正薬物の摘発は今年1~10月で14件。同空港では10月に指定薬物を持ち込もうとした台湾国籍の会社員を告発している。

関連記事

室蘭民報

炭鉄港ガイド養成事業で地域の魅力や鉄道史を解説【室蘭】

 日本遺産「炭鉄港」のガイド養成事業が25日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、関係者が炭鉄港の魅力や鉄道史、ガイドの心得などについて講演した。  炭鉄港のストーリーを理解し、地域の魅力...

室蘭民報

お寺でダンスミュージック、紋鼈寺でイベント【伊達】

異色のコラボ「若い人に交流の場を」  お寺のホールでダンスミュージックを楽しんでもらうイベントが25日、伊達市末永町の浄土真宗本願寺派・紋鼈寺で開かれた。若院の奥田正弘さん(29)が企画。「人と...

室蘭民報

室工大院生の2人が宮古市での奉仕活動内容を報告【室蘭】

「災害を体で感じた」  被災地が必要とする支援を探ろうと、昨年10月の台風19号で被害を受けた岩手県宮古市に乗り込み、ボランティアに取り組んだ室蘭工業大学大学院の院生2人が、現代心理学を学ぶ学部...

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...