北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

きょう市議会開会、一般質問は道のIR申請見送りで論戦【苫小牧】

成長戦略の行方/市長の責任論

 5日に開会する苫小牧市議会定例会で、一般質問を通告した議員20人のうち8人がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)問題を取り上げる。北海道が2021年(令和3年)7月までの国への認定申請を見送ることから、市議会の賛成、反対の議員が新たな成長戦略の行方や市長の責任論など幅広い論戦を展開する見通しだ。

 苫小牧市は、IRを中心とする国際リゾート構想を植苗地区で展開する構想を描き、「人口減少社会に対応する」起爆剤と位置付けていた。苫小牧市議会も10月28日、議員提案した「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致推進を求める決議案」を賛成多数で採択するなど誘致に向けた環境づくりを進めていた。

 だが、11月29日の道議会定例会の一般質問で鈴木直道知事が今回の申請見送りを表明したことから、IR誘致の可能性が消える事態に。国際リゾート構想も中核事業が抜けたことから、新たな事業展開の再考が求められることになった。岩倉博文市長は「われわれの取り組んできたことへの(道側の)評価が低い。残念としか言いようがない」と道に対する不信感を募らせている。

 こうした中で開会する市議会定例会。各市議にとっても賛成、反対の立場で決議の議論に加わっていただけに、さまざまな意見があるようだ。賛成派は道の判断理由や今後の成長戦略の行方、今後のIR誘致についてなどを問う。一方の反対派は岩倉市長の責任論やIR関連事業に投じた予算の総括などを中心に議論を進める考え。

 市議会定例会は会期が13日までの9日間。一般質問は5~10日(7、8の両日は休会)で、11日に各常任委員会、12日に総合開発特別委員会、安全・安心及び市民ホールに関する特別委員会が開かれ、13日は議会運営委員会、全員協議会、本会議を経て閉会するという日程だ。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス