北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

新たな推奨品仲間入り、ブランドギフトがリニューアル【登別】

新たなブランド推奨品を用いるなどギフト3セットを展開している

3種類展開「お歳暮に」

 登別ブランドの会は、贈答用として人気がある登別ブランドギフトをリニューアルした。2019年度から新たに登別ブランド推奨品に仲間入りした商品をギフトに加えているほか、4種類を3種類に集約するなどして、最大の需要期である年末に備えている。

 登別ブランド推進協議会が認定した推奨品を、同会がギフトとして取り扱っている。贈答用として全国への発送実績があるなど、登別ならではの名物詰め合わせとして人気が高い。昨年から通年販売に切り替えて需要拡大を図っている。今年は多くの利用が見込まれるお歳暮シーズンに合わせて、内容のリニューアルを図った。

 今年4月から新たに加わった推奨品三つをギフトに加えた。これまであった「至高の逸品ギフト」に入っていた推奨品を他ギフトに組み込むなどして、全3ギフトでの展開となっている。

 「登別贅沢(ぜいたく)ギフト」(税込み6800円)のほか、海山の幸を詰め込んだ「ヌプルッペッギフト」(同3500円)、甘い味わいが人気の「登別スイーツギフト」(同3300円)を用意している。

 受け付けはセイコーマートなりた(登別東町)やマルフク武澤水産(富浦町)、藤崎わさび園(登別温泉町)、道南平塚食品(幌別町)、ドリームベーカリーアーニス店(中央町)、かめや本店(鷲別町)。

 配送料は1個につき道内900円、道外1200円。問い合わせは同会事務局の市商工労政グループ、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...