北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

G20土産に阿波銘木の机上名札、道内企業で初採用【登別】

阿波銘木が製作し各国のG20出席者に配布された国名が刻印された机上名札(同社提供)

 日本で初開催となった、主要20カ国・地域会議、各閣僚会合(G20、6~11月)で、登別市鷲別町の木材製品製造会社「阿波銘木」(大住美春社長)の机上名札が出席者に贈られる土産品として道内企業として初めて採用された。各国の国旗や紅葉など日本伝統のデザインを施し、国境を超えた「もてなし」で存在感を示した。

 阿波銘木の机上名札は縦8センチ、横22センチ、厚み3・5センチ。木材は道産のエンジュを使用。日本製と一目で分かるよう、表面には国旗とG20のロゴのほか、色づく紅葉をあしらったステンレス製名板(縦10センチ、横28センチ、厚み1・5ミリ)を付けたデザイン。会議終了後に出席した関係者に配布した。

 同社の机上名札は映画やテレビドラマで美術協力を行っており、技術力の高さを省庁関係者が注目。製作依頼を受けた。

 その後、職人の派遣などで故大住盛智前社長と縁が深かった北海道立総合研究機構(道総研)工業試験場(札幌)に技術協力を依頼。出来上がった名札は、開催地のホテルに直送するなどして納品した。

 今回のG20では、加盟20カ国以外に国連などの国際機関や招待国も含めて37の国・地域の国際機関の閣僚らが出席。首脳会合(サミット=6月28、29日・大阪市)をはじめ、外務大臣会合(11月22、23日・名古屋市)まで全国9地域で会議・会合を実施した。

 同社は道産材を中心に、餅臼やデザイン表札のほか、アクリル製品、和太鼓を自社工場で一貫生産する。サンドブラストやレーザー加工、旋盤による特殊加工を得意とし、天然木を生かしたオリジナルな逸品を提供。古くなった木工製品の修復も手掛ける。

 大住社長は「道総研の皆さんは限られた時間の中でレプリカ、試作と助けていただき感謝している」と話し、「先代の社長の人脈の大切さを感じるとともに、提案させていただいた道産エンジュ材が採用されたことはとても誇りに思っている」と笑顔を見せた。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...