北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

本格豆料理 シェフに学ぶ 清水小【清水】

工藤さんのアドバイスを受け調理する児童

 清水小学校(高井正樹校長)で11月28日、「シェフに学ぶ!十勝のおいしい大豆料理」と題した調理実習が行われた。5年生38人が大豆料理作りに挑戦した。

 料理家の辰巳芳子さんが提唱し、同校が取り組む食育運動「大豆100粒運動」の一環。合同会社十勝フードデザイン研究所代表の工藤一幸さんが講師を務め、「大豆とトマトライスの春まき」「大豆肉じゃが、カレー風味」の作り方を教えた。

 児童は8班に分かれて調理。女子児童は「初めて本格的な料理を作り、楽しかった。説明が分かりやすく、簡単にできた」と話していた。調理後の講話で工藤さんは「大豆は皆さんが大きくなるためにとても大切な栄養素を含んでいる」と説明した。

関連記事

十勝毎日新聞

縄文にバストリップ 古代農業と遺跡巡る【帯広】

 帯広市内にある貴重な遺跡群を巡り古代の農業について理解を深めるバスツアーが22日、川西地区を中心に開かれた。参加者は畑から出土した石器や縄文遺跡付近で自生している「野良ゴボウ」などを見学、帯広と...

十勝毎日新聞

障害者の自立を体験住宅で支援 家具完備、1日300円【芽室】

 芽室町は、将来1人暮らしを希望する障害者にその生活を体験してもらう「障がい者用生活体験住宅」を10月に開設する。調理や洗濯などを体験し、イメージを膨らましてもらう。担当する町地域おこし協力隊の丸...

釧路新聞

マイワシ料理味わって【釧路】

 釧路総合振興局は10月1日から釧路市と釧路町の飲食店33店舗で、道東産マイワシの消費拡大に向けた「マイワシフェア」を開催する。各店ががさまざまなマイワシ料理を提供し、水産加工品が当たるアンケー...

函館新聞

佑木瞬さん×ひづめみか~るさん新看板掲げ あうん堂がバー営業再開【函館】

 函館市松風町の多目的スペース「函館あうん堂」(笹井完一代表)に新しい店頭看板がお目見えした。ドキュメンタリー写真家の佑木瞬さん(34)がホール内で撮影した写真に、雑貨デザイナーでイラストレータ...

函館新聞

カドウフーズ 道産イモ使った商品の賞味期限を5年に延長【函館】

 菓子や総菜を製造販売するカドウフーズ(函館市追分町、嘉堂聖也社長)は、道産メークインを使ったレトルト商品「もうゆでちゃった」の賞味期限をこれまでの2年から、5年に延長することに成功した。イモの...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス